« 世界報道写真50周年記念展 | トップページ | 8月6日 »

世界の戦場から

War 世界各地の紛争地帯で活動している日本人ジャーナリストたちの作品を集めた写真展。過去にDAYS JAPAN誌にも掲載された作品も数多く見受けられた。これだけの数の日本人フォト・ジャーナリストの作品を一度に見る機会も中々無い。

今私たちが報道によって伝えられている事は正しい事なのでしょうか。

イラク、レバノン、パレスチナ、チェチェン、今そこで行われている事が私たちに正しく伝えられているのでしょうか。体制側に偏った報道がされているのではないか。

写真展を通して戦場で生きる人たちの姿を見ると報道に対する疑念は増すばかり。

戦争の犠牲になる事とは、その戦争を一生背負って生きる事。その声も届けてもらいたい。

« 世界報道写真50周年記念展 | トップページ | 8月6日 »

写真展」カテゴリの記事

コメント

TB、こちらもありがとうございました。私も見たい気持ちになる写真展です。羨ましいです。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27945/2868049

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の戦場から:

» 『戦争とフォト・ジャーナリズム』(8/19*土) [しらの風景]
NGOの活動を入り口に、地球環境や平和をテーマにいろいろ学んできた。 石川では、それぞれのグループを越えてピースをテーマに メーリングリストがある。私もお誘いを受けてそのMLのメンバーの一員 になっているので、リアルな日本や世界の状況がMLを通して送られてくる。 その情報は時として、政府やマスコミの情報と異なっている事も多い。 真実はどこにあるのか?そして、国家や社会のからくり。 それがこういう活動をしていると見えてくる。 ... [続きを読む]

« 世界報道写真50周年記念展 | トップページ | 8月6日 »

無料ブログはココログ