« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

韓国映画界からの引退を示唆するような発言をした、キム・ギドク監督。

10009876901_1 今作品”弓”は彼の心情を表した作品になっていると考えるのは無理があるだろうか?

洋上に浮かぶ釣り船屋に暮らす老人と、その老人がいつの頃ともなく連れてきた少女との生活。

老人は少女を愛しむ様に日々を送り、また少女もその老人の愛に包まれて生活をしている。

少女が17歳になったら結婚する事を夢見、それまでは夜毎、手を繋ぐだけの”至上の愛”。「うつせみ」同様2人には言葉などいらない。

そんな時、釣り客として訪れた青年に少女は人目惚れ。そして弓の糸が切れるように老人との間に亀裂が入る。

キム・ギドク監督が”弓”に何を投影しているのか考える。単に”至上の愛”を語るだけの作品では無いように思える。

洋上に浮かぶ釣り船が、保守的とも思われる韓国映画界。

老人がその韓国映画界を牛耳る権力。

少女がキム・ギドク監督。

世界が認めたキム・ギドク監督の才能は、韓国映画界(釣り船)には手狭すぎる。保守的過ぎる考えでは表現しきれない作品であるがために、各方面からの批判も受ける。

老人(権力)が少女(キム・ギドク)に対する愛は、青年が現れるまでは一方的な愛である。青年の出現によりその愛に疑問を感じた少女が取った行動が自然なものだ。

老人が結婚の日取りを早めようとしたり、ロープを切断しようとしたのを隠したりする姑息な手段は、韓国映画界への皮肉のように感じたりもする。

そして最後には釣り船は沈んでいく・・・

弓(http://www.eigaseikatu.com/title/15937/

川口凛 撮影会(at 下北沢)

東京/下北沢で、”川口凛”さんを撮影(エフ・スタイル:http://f-style7.com/)してきました。

以前から御名前は知っていたが撮影機会に巡り合えなかったモデルさんを遂に撮影する事が出来た。

ソーシャル・ネットワーキングサイト:mixi(http://mixi.jp/home.pl)でマイミクしていながら今だ会った事が無かったモデルさんで期待が膨らむばかりだったが、今回御会いして気さくな雰囲気が非常に好感です。

Img_2797撮影していてもファインダーで覗くたびにその表情が変わり、何かこちらの表現力が試されている感じがする。

下北沢という雑然とした街を色々使って撮影してみたつもりだが、どんな仕上がりになるか楽しみ。

それまでは、その名の通り”凛”とした女性のイメージが強かったが撮影してみて、御茶目な雰囲気、強い雰囲気と色々あるのが解り、次回の撮影機会には是非もっと違う川口凛さんを表現できたらと、期待が膨らむ。

Img_2865 画像は近日中にHP(http://members.aol.com/Caprice045/)にアップします。

中條鈴菜 撮影会(at 渋谷)

東京/渋谷で、”中條鈴菜”さんを撮影(Studio Swallowtail)してきました。

鈴菜さんを撮影するのは今回が2回目。前回は2月の寒い時期でしたので、今回は晩夏の撮影になります。渋谷でのストリート撮影になり、鈴菜さんの雰囲気にも合っています。

Img_2672 流石に渋谷センター街で撮影するわけにもいかないので、中心街から少し離れた所での撮影がメインになり、人通りも少ないので撮影はしやすいです。ストリート撮影を実施していると毎回感いるが、撮影可能箇所が減少している。公園などの公共施設以外でも「撮影しないで下さい」と声を掛けられる機会が多くなってきている。

盗撮や街中でのAV撮影が横行される昨今なので世間の目も厳しくなってきているのだろう。東京の夜景が撮影したく展望室等を巡っているがなかなか撮影可能な所が少なく参ってしまう。

しかし、コンパクト・デジカメでの撮影は比較的に市民権を得て来ているのに、一眼レフでの撮影にはまだまだ厳しく見られている感じがする。

今回の鈴菜さんの撮影に関しては、なるべく街の風景を取り入れる事に気を付けたつもり。定番の壁のアート、自動販売機や電車とのコラボレーションなんてのも挑戦してみました。鈴菜さんも色々付き合ってくれたので大助かりの撮影になりました。Img_2724

HP(http://members.aol.com/Caprice045/)にも近日中に公開します。

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

無料ブログはココログ