« トランスポータ2 | トップページ | 京都 晩秋から初冬へ »

ヒトラー 最後の12日間

N_619nkdf2105pl 年老いた独裁者の姿。そんな印象しか残らない。

ソビエト連邦の崩壊に始まった冷戦の終結。ベルリンの壁崩壊に続いて東西ドイツの統一。

世界が劇的に変化したその後、統一ドイツ国内での格差が広がると共に俄かに息を吹き返してきたナショナリズム。その先鋒となっていた、”ネオ・ナチズム”。彼らの行動が新聞各紙の一面を賑わしていた頃、ナチス・ドイツに興味をもった。

第二次世界大戦中、絶滅収容所(アウシュビッツ収容所など)で600万人ともいわれるユダヤ人を虐殺したナチス。その国家を指導していたヒトラー、そして彼に信望していた側近(親衛隊:SS)たち。いったい彼らは何を信じ、何を考えていたのかと、何冊かの書物を読んでみたりしていた時期があった。

ロシア軍の進撃のため、地下壕に身を隠したヒトラー。世界から隔絶された1人の老人は精神が病んでしまっていたのだろか。各地の戦力は崩壊寸前にも関わらず地図の上に存在する妄想ナチス軍を指揮する姿は何とも表現し難い。

それとも、アドロフ・ヒトラーを演じていただけなのだろうか。後に妻となる”エヴァ・ブラウン”はヒトラーの事を、「普段は優しい」と表現した。狂喜を演じることで正気を保とうとでもしていただけなのだろうか・・・。

調子の良い時は”勢い”で進撃してくれる。その勢いが止まった時、修正するすべを持っていなかったのが、ヒトラーの運命を決めたのではないか。狂喜を隠すのには、もっと大きな狂喜で覆い隠す、それの繰り返しで気がついた時には誰も手を出せる状態に無いほど大きくなっていた”狂喜”。

それに一番気ずいていたのは、総統・ヒトラーその人ではなかったのか。

身体の後ろに隠している左手は常に震えている。アルコール中毒の症状か何かなのだろうか。もしそうだとしたら、正気を保つ事に既に無理が来ていたのだろう。それは”罪の意識”がヒトラーにはあったとゆうことなのか。

そのとても正常とは思えないヒトラーの指揮を否定する事が出来ない側近たちの姿の方が哀れに映る。彼らもまた狂喜を演じていたのだろうか。

本作品は総統ヒトラーとエヴァ・ブラウンが地下壕で自殺した後の事も描かれている。

ナチス・ドイツの宣伝(プロパガンダ)大臣のゲッペルス(パウル・ヨーゼフ・ゲッベルス)とその妻(マグダ)の姿が印象的だ。総統の亡き後の世界に絶望したマグダは、5人の子供に自ら青酸カリを飲ませた上で、ゲッペルスと共に自殺している。

« トランスポータ2 | トップページ | 京都 晩秋から初冬へ »

映画」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

無料ブログはココログ