« 人生は、奇跡の詩(うた) | トップページ | 硫黄島からの手紙 »

千尋 撮影会(at 昭和記念公園)

東京都/昭和記念公園で、”千尋”さんを撮影(Studio Swallowtail)してきました。

先日、富士フォトサロン(東京/有楽町 http://www.fujifilm.co.jp/photosalon/index.html)で「2006 美しい風景写真 100人展」を見てきた。その時強く感じたのが、全ての作品に共通して、主題を生かす為の脇役の存在があるとゆうこと。対照的な色を配置した構図を意図的に行う事で主題が生き生きと映し出されている。

この考えをポートレート撮影にも生かせないかと臨んだ今回の撮影。

しかし、師走の昭和記念公園は、木々の葉が落ち公園全体が枯葉色。足元に目を移しても落ちた葉は綺麗に掃き掃除がしてあり、面白みが感じられない。

Img_3921_3 しかし、日差しは柔らかく木々の影を写している。これを生かしたいと立ち位置を何度か移動しながら撮影を行う。

中々思い通りには撮影出来ないものだ。木の影と、千尋さんの影の位置関係なども最初から計算しておかないと撮影に手間取ってしまう。他の撮影者の方もいるので1人で千尋さんを独占するわけにもいかないので適当なところでOKを出さざるを得ないのも辛いところだ。

今回の撮影では、AIサーボAFを使い、歩きながらの撮影を実践してみる事に。

ピントは合っていたが、少し千尋さんに近付きすぎた感じ。膝上辺りからの構図になればもっと良かったと思える写真が何枚もある。

撮影イメージは、”デートの途中”ってつもりであったが、事前に千尋さんにイメージを伝えなかったのも落ち度。しかしそのイメージを知ってか知らずか千尋さんのアドリブのおかげで何とか形になった感じ。

背景や構図、振り向く方向などまだ問題点は沢山あるが暫く使ってみたい撮影方法になりそう。

千尋さんの撮影は半年振りになるが、時々見せるつまらなそうな表情が相変わらず良い。好きなモデルの1人だ。_img_4038_4

個人的には、カメラを向ける度にやたらと笑顔を振りまくモデルより、時として色々な表情を見せてくれるモデルの方が良い。

« 人生は、奇跡の詩(うた) | トップページ | 硫黄島からの手紙 »

撮影会日誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

無料ブログはココログ