« ヒトラー 最後の12日間 | トップページ | 人生は、奇跡の詩(うた) »

京都 晩秋から初冬へ

観光客で賑わう紅葉シーズンを外し、落葉を撮影したく12月に京都に行く事を決めた。風景写真系の雑誌やインターネットを利用して撮影ポイントを幾つかピックアップ。調べてゆくうちに、西山浄土宗総本山 光明寺(http://www.komyo-ji.com/)の参道の写真に強く引かれ、光明寺を中心に今回の撮影を行う事に決めた。

12月8日(金)。早朝の新幹線で一路京都へ。

天気予報を見る限り週末は雨模様。京都に到着するもやはり曇り空。

京都駅より嵐山/嵯峨野方面の市バスに乗車して50分程の「嵯峨釈迦堂前」で下車。最初の目的地、奥嵯峨「祇王寺」へ。

_img_3814_1  広くは無い中庭。緑の苔の上に落葉が敷き詰められている。しかし残念ながら葉が落ちきった後といった感じであった。前日から降った雨で落ち葉も濡れてしまい少し重く感じる。

地面の葉の色は、すでに朽ち葉色(赤朽ち葉、黄朽ち葉)になりつつある。紅葉の鮮やかな赤色や黄色も秋を代表する彩りだが、朽ち葉色も秋をイメージする彩り。少し撮影前のイメージとずれてしまったが、良い彩りが撮影できた。

祇王寺の中庭の周りを小道が回っているが、紅葉シーズンでは落ち着いて撮影するのは難しいだろう。人影を入れずに撮影するのも無理だろう。今回は時季をずらし、平日の早い時間(10時くらい)なので人もまばら(2人ほど先に撮影していた方がいた)でゆっくり撮影する事ができた。

昼前には観光客が拝観し始めてきたのを合図に祇王寺を後にした。

嵐山から阪急嵐山線に乗り30分程で、長岡天神駅へ到着。駅前よりバスに乗車し10分程、光明寺に到着。

当初は、光明寺の撮影は翌日(9日/土曜日)の早朝に予定していたが、9日は朝から雨が予想されていた為、8日の撮影に変更した。

_img_3858 今回の撮影旅行を計画した切欠の参道からの眺め。祇王寺同様、落葉の具合が進行し過ぎている感じがする。本来なら綺麗な紅葉のトンネルが見れるそうだ。

近年の光明寺は、9時からしか入山できないらしく、朝日に輝く参道は残念ながら撮影する事が出来ないらしい。これも撮影者のマナーの悪さが関係しているのであれば残念な事だ。

12月9日(土)。一理の望みを掛けて6時に起床。しかし外は未明から降りだした雨。また布団に潜り込む。

少し雨脚が弱くなってきたので、9時頃ホテルをチェックアウトし最後の目的地、京都の洛西、大原野神社へ赴く事に。

長岡天神駅より阪急京都線に乗り、阪急東向日駅へ。駅より阪急バスに乗り換え20分程乗車し、南春日町で下車すると小雨模様の山景色。公共のバスが1時間に2本と交通の便が良くない為か観光客も疎ららしく、紅葉シーズンに来てもゆっくり撮影出来そう。

_img_3891 静寂が支配する境内で断続的に降る雨を避けながら僅かに撮影する事が出来た。山の中にひっそりを佇む大原野神社。紅葉シーズンには参道の景色や石段を彩る落ち葉が綺麗な事だろうと、軒先で雨宿りしながら想像が巡る。

昼前に雨脚が激しくなってきたので退散する事にした。

例年より全国的に紅葉の進みが遅いのを考慮して12月の撮影を計画したが、3~4日程遅かった感じがする。また、終始雨模様とイメージ通りの撮影が存分に出来なかった。

まだまだ場所を撮影しに行っている感じが否めず、その時々の天候にも左右されずに撮影テーマを写真にする道のりは険しそうだ。

061208_151301_2毎日同じ通勤電車で会社と家の往復するのが普段の生活から考えると、初めての街路を進むだけでワクワクする感じがする。

寺院ですれ違う人や撮影している人たちと挨拶や会話を交わす何気ない事に殺伐とした毎日との違いを感じ心地良い。

最後は、光明寺で撮影の邪魔をする子猫です。

« ヒトラー 最後の12日間 | トップページ | 人生は、奇跡の詩(うた) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

無料ブログはココログ