« 京都 晩秋から初冬へ | トップページ | 千尋 撮影会(at 昭和記念公園) »

人生は、奇跡の詩(うた)

Jinsei_1 「ライフ・イズ・ビューティフル」でナチス・ドイツの絶滅収容所をパロディー化したロベルト・ベニーニが、今度は戦時下のイラクに乗り込んだ(撮影自体はイラクでは行われていない模様)

詩人のアッティリオ(ロベルト・ベニーニ)が夢に見る結婚式。夢の中で警官が「毎晩表に車を止めている奴は誰だ!」っと怒鳴り込んでくる。アッティリオを毎晩のように結婚式の夢を見ているようだ。

夢のお相手はヴィットリア(ニコレッタ・ブラスキ)

現実の世界では、ヴィットリアとよりを戻すために日夜奔走している(殆どストーカー的)。常に偶然を装う所などは、「ライフ・イズ・ビューティフル」で、グイド(ロベルト・ベニーニ)が小学校教師のドーラ(ニコレッタ・ブラスキ)に必要に迫るシーンを思い出させてくれる。

伝記作家であるヴィットリアは、アッティリオの友人で著名なイラク人の詩人・フアド(ジャン・レノ)の伝記を仕上げる為にイラクへ赴く。

そして開戦。

爆撃による負傷を受けたヴィットリアは、イラク国内の病院へ搬送されるが瀕死の重態。フアドから連絡を受けたアッティリオは、国際赤十字に潜り込んで戦時下のイラク/バクダットへ潜入し、ヴィットリアを救うべく危険を顧みず奔走する。

主人公が詩人であるので、「人生は舞台のようだ」とか「太陽を好きなのは彼女を照らしてくれるから」など詩的な表現の台詞が随所にあったように思える。

Jinsei2 自分の気持を上手く伝える事が出来ないから詩人になったとゆうアッティリオではあるが、ヴィットリアを救うべくフアドの親戚の老人を訪ねるシーンでは、イタリア語を理解できない老人に対して、イタリア語で自分の気持を伝え老人もそれを理解する。言語を超越するシーンでもあり感動する。

今イラクで行われている戦争(内戦)も宗教観や言語の違いからもたらされている。人は言葉で理解しあう以上の事が出来るのだと訴えているかのよう。

その宗教観や人生観の違いは、人の人生も左右する。夢や奇跡を信じるアッティリオと現実的なフアドの二人の末路は対照的だった。

病院のベットで意識不明のヴィットリア。その枕元で、イタリア人のアッティリオがイタリア語でアッラーの神に奇跡を願いながら、飛び回るハエたちを大量破壊兵器(ハエ叩き)で叩き落とすのは、ロベルト・ベニーニの強烈な皮肉に思えた。

一つの言葉を捜すために一生を懸ける詩人と、一つの愛の為に一生を懸けるロベルト・ベニーニの姿が重なり合う映画。

http://www.eigaseikatu.com/title/16664/(映画生活:人生は、奇跡の詩(うた))

« 京都 晩秋から初冬へ | トップページ | 千尋 撮影会(at 昭和記念公園) »

映画」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

無料ブログはココログ