« 硫黄島からの手紙 | トップページ | グアンタナモ、僕達が見た真実 »

水野莉佳 撮影会(代官山周辺)

主催:Studio Swallowtail  撮影モデル:水野莉佳  撮影場所:代官山周辺

_img_4516 水野莉佳さんを撮影してきた。開催場所となった代官山で撮影するのが初めての為、どの辺りでの撮影になるのか全く想像がつかなかった。駅周辺のショップや街側に出るのかなと思っていたが、当日は、少し郊外に離れての撮影になった。

ガード下などは少し雑然とした雰囲気があり好みのポイントが随所にある。モノトーンな感じの服装の彼女を薄暗い場所に配置したのは少し失敗した感じに思う。顔だけが浮かびあがるような写真が沢山出来上がってしまった。

露出についても、評価測光で撮影していたつもりが、スポット測光であったりと初歩的な操作ミスを行ってしまった。

ヒストグラムを見て、少しアンダー気味に撮影されているのは確認していた。自分の好みで、アンダー気味の写真はOKとゆう単純な考えで、実際に画像をチェックするのを怠ったていたのが最大の敗因。

手間を惜しんだ挙句散々な結果になってしまった。

写真の事は独学で学んできているが、今まではかなりの割合で偶然が重なって撮影されていたのだろうと考えさせられる。撮影中に露出補正をする事によってどれくらいの量露出が左右されるかが理解仕切れていない。

_img_4592 「ここで撮影したい」と思う気持が先行してしまい、水野さんの服装のトーンまで配慮出来ていなかった。一つ一つの事柄が上手く一致しないまま撮影してしまう。撮影に挑む気持が集中出来ていなかった証拠だ。

ただ、今回は撮影の合間に水野さんと話している中で、彼女の撮影に対する考えを垣間見る事が出来たのが良かった。

次回からは、水野さんと意見交換しながら撮影するのも面白いかもしれない。

« 硫黄島からの手紙 | トップページ | グアンタナモ、僕達が見た真実 »

撮影会日誌」カテゴリの記事

コメント

安藤さん、先日はお疲れ様でした♪
写真少しアップされたんですね。このくらいなら暗いのもありじゃないですか?! Rikaは雰囲気あって好きです。
上の写真とか、ちょっとヨーロッパっぽくて好きです。自転車まで入れてるところに安藤さんのセンスのよさを感じます。
下の写真は、夏にジーパン&サンダルみたいなラフな格好で撮ったらかっこいいかも。今回の服は暗めだったので、次回また代官山だったら明るめの色でそろえますね。ではまたよろしくお願いします

Rikaさんコメントありがとう御座います。
このブログは、記録用にと思って記述しています。
当日の写真は、写真のバリエーションが揃わないとか、少しイメージがダーク過ぎるのではないか等の理由で、HPに掲載しようかどうか悩んでいました。

でも、Rikaさんも気に入って頂けたのなら、編集してHPに掲載しようと思います。

まだまだ未熟者ですが、また宜しく御願いしますね。

確かに全体のトーンが暗めではありますね。
赤い帽子とかスカーフとかがひとつあるだけで、
随分違うと思う。
画面の中でパッと映えていいだろうな~~想像…♪

トンネルの中の写真、カッコイイですね。
背景奥の優しい日の光が、ジンワリいい感じ。

夏には夏の、冬には冬の日の光の良さがある。
寒がりのため冬が苦手な人間ではありますが、
冬の優しくやわらかい光は大好きです。

凛さんコメントありがとう御座います。
撮影をする場合も夏より冬の日差しの方が好きですね。
光が包み込んでくれるような感覚が良い雰囲気を醸し出してくれます。

この記事へのコメントは終了しました。

« 硫黄島からの手紙 | トップページ | グアンタナモ、僕達が見た真実 »

無料ブログはココログ