« 冬の景色 夕日の滝 | トップページ | あなたになら言える秘密のこと »

千尋 撮影会(西新宿界隈)

主催:Studio Swallowtail  撮影モデル:千尋  撮影場所:西新宿周辺

Img_4855 専門学校が新宿/百人町辺りにあったので、西新宿にはよく出向いた場所。当時は輸入版のレコード店が至る所にあり、学校帰りに良く立ち寄った。店先にいると大音量で洋楽ハードロックやヘヴィーメタルが流れていた。「ディスク・ランド」「ディスク・ロード」そして聖地とまで言われていた「新宿レコード」・・・。随分と”ジャケ買い”(レコードのジャケトだけを見てバンドの音楽性を判断する)をしたっけ。

そんなノスタルジックな思い出の街とは裏腹に、最近モデルを前にすると思うように撮影出来ていない気がしていた。昨年末からネイチャー撮影に重きが置かれていたせいか、撮影ペースについて行けない感じがしていたのだ。

被写体となるべく風景を前に自分なりに「どう撮影してゆこうか」などと考えつつ、ジックリ景色を眺める。そしておもむろに三脚を延ばしカメラをセッティングする。そしてマニュアルでピントを合わせ慎重にシャッターを切る。Img_4795 一連の動作に心地よさを感じていたからなのか、瞬時にシャッターを切るのに少し躊躇していた。

そんな雰囲気を払拭するがために今回の撮影に挑んだ。

撮影会に参加し始めた頃から御世話になっているStudio Swallowtail

過去に何回も撮影している千尋さん。

そして少人数(4人)と好条件が揃ってくれた。他のカメラマンも初対面の方はおらず皆さん気さくな方々だったのも非常に助けられた。撮影マナーもよく、皆が思い思いの場所で撮影していく。ゆっくりとした時間が流れているのが感じられた。そんな空気に乗せられて順調なシャッター音が響いてくれた。

千尋さんは、「主張し過ぎず引き過ぎず」な存在感があると思う。どんな街並みや景色にも自然と溶け込んでしまう、そんな魅力のある女性で好感がもてる。今回の撮影でもそんな千尋さんに助けられた思いがする。

_img_4849撮影時にあまり作品を意識する事が無いように、撮影自体を楽しむ事ができたのではないかと思える。

今回はレンズ選びに迷わないように、50mmと85mmの二本体制。

撮影は殆ど50mm一本で行なっていた。50mmの単焦点レンズで撮影がしたく一眼レフを購入をしたころの気持に戻れただろうか。

« 冬の景色 夕日の滝 | トップページ | あなたになら言える秘密のこと »

撮影会日誌」カテゴリの記事

コメント

 昨日莉佳さんの撮影会に行ったのですが、彼女があんどうさんの写真に影響を受けたのか一度西新宿に挑戦したいと言ってました。それでという訳でもありませんが、私も拝見にきました。写真を見る限り隣接した新都心とは全く異質な雰囲気ですね。あんどうさんは2枚目の写真のような「トンネル構図」も好まれるような気がしていました。 

tokyojackalさん、コメントありがとう御座います。
面白いロケーションを提供してもらいました。
構図に関しては色々撮影しているつもりなんですが、気がつかないうちに偏ってきているような気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27945/5500062

この記事へのトラックバック一覧です: 千尋 撮影会(西新宿界隈):

« 冬の景色 夕日の滝 | トップページ | あなたになら言える秘密のこと »

無料ブログはココログ