« 約束の旅路 | トップページ | 日原渓谷(奥多摩) »

千尋 撮影会(生田緑地)

主催:Studio Swallowtail  撮影モデル:千尋  撮影場所:生田緑地(川崎)

Img_5894 モデルとの程よい距離感って何?

ポートレート撮影会では、50mm、85mmの単焦点レンズを使用する機会が多い。デジタル一眼レフを購入した目的が単焦点レンズを使用したいとゆう思いが強かったからだ。雑誌等にはズームレンズには無い描写力が謳われているし、ボケの美しさも魅力だった。

高性能なズームレンズがあるのに、単焦点レンズに拘るにはもう一つ理由がある。被写体との距離感を感じる事が出来るのが、撮影していて心地よく感じる。

撮影の状況にもよるが、ズームレンズで後方から狙うのが何故か抵抗を感じる。何か”覗き見ている”感じがしてならない。

確かに、”ふとした瞬間”を写し撮るには最適かも知れないが、被写体(モデル)にも、撮影されている事を意識して貰いたいと思っている。

Img_5868 撮影回数を重ねたモデルが相手の時ほど、撮影されている事に意識して貰いたいと思う。異性が近くに寄れば相手は緊張するだろう。多少なりとも緊張感を持って撮影をしたいと思う気持がある。

しかしながら、ストリート撮影の場合には機材を少なくしなければならない時もある。その時はズームレンズ(EF24-105mm F4L USM )だけで挑みたい。今回は公園ではあったが、ある事を実践してみた。

撮影ポイントを決めたら、焦点距離を24mm、35mm、50mm、70mm、105mmの何れかに固定する。

一回の撮影では、焦点距離の変更は行なわない。

必要に応じて自分が撮影位置を前後に移動する。

これによって、モデルとの距離感を保つ事にしてみた。前後に動く事を必要以上に意識したせいか、普段単焦点レンズを使っている時より余計に動いた感じ出する。

馬鹿みたいな事をやってみたが、これが意外と面白いし普段以上に撮影ポイント選びが慎重になった。

Img_5973 また、今回は、”TAMRON SP AF90mm MACRO”を実践投入してみた。

開放(F2.8)状態で光源を背景にした時のボケが真ん丸で噂どおり綺麗だ。クローズアップして撮影出来るので、唇や指先を意識した今までとは違う作品作りを出来るのが嬉しい。

AFを使用してもよかったのだが、今日はMFでピント合わせをしてみる事にした。普段ポートレートではAFを多用している(ネイチャー系はMF)せいか可也疲れた。

ポートレートで撮影する場合には、ある程度目測で距離を測っておいてAFで合わせた方が無難かもしれない。

元々は草花の撮影用にと思って購入したが、ポートレート撮影でも利用頻度が上がりそうだ。

« 約束の旅路 | トップページ | 日原渓谷(奥多摩) »

撮影会日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27945/6585709

この記事へのトラックバック一覧です: 千尋 撮影会(生田緑地):

« 約束の旅路 | トップページ | 日原渓谷(奥多摩) »

無料ブログはココログ