« 世界報道写真展2007 | トップページ | アンリ・カルティエ=ブレッソン しられざる全貌 »

ひめゆり

監督:柴田昌平

キャスト:ひめゆり学徒の生存者22名

太平洋戦争の末期、米軍の本土上陸を少しでも遅らせる為に沖縄戦が行なわれた。沖縄では非戦闘員を巻き込んだ凄惨な地上戦が行なわれた。

15歳から19歳の女学生たちも看護活動の為に動員された。「ひめゆり学徒隊」である。

生徒達は赤十字の旗の下で活動すると思っていたが、実際は戦場の最前線に配置される。野戦病院と化した塹壕での体験談は凄惨を極め言葉を失った。

13年の歳月を掛けて製作された「ひめゆり」。映画の完成を待たずに3人の証言者が亡くなったそうだ。ゆっくりと時間を掛けて生徒達の言葉を綴り丁寧に作成されたドキュメンタリー映画でした。”娯楽”とは別の”記録”としての映画の役割があることを実感させてくれる作品でした。

生きている事に負い目を感じているかのような証言者達の言葉には衝撃を感じる内容ばかりでした。

塹壕での外科手術や集団自決を覚悟した夜の話。60年前の出来事をまるで昨日の事のように話す。忘れたくとも消えない記憶。そんな話をしてくれた彼女達には感謝の気持でいっぱいです。

”泣ける映画”などとは次元の違う涙にスクリーンが霞みました。

「ひめゆり」を観るのには、正直躊躇した自分があったのも事実。沖縄戦の事や戦争への政府の関与、マスコミの報道のありかたについて知見を深めてきたが、実体験者からの証言を聞く心構えが自分にあるのか不安でした。映画館の前でも躊躇しました。

しかし安部首相による、「沖縄戦における日本軍の集団自決への関与有無」発言があった後だけに、どうしても当事者の話が聞きたいという思いが断ち切れずに一歩前に進みました。

従軍慰安婦の問題にしても、沖縄戦自決の問題にしても政府は直接の関与を否定したが、共に沢山の生存者が悲惨な体験を証言している。女学生達は自決の方法を教師に教わったと証言していた。

中国や北朝鮮の人権問題を非難する前に自分達が”何をしたのか”の歴史認識を検証して、これから”何をするのか”をしっかりと示さなければならないのではないかと思う。

映画生活(http://www.eigaseikatu.com/title/18020/

« 世界報道写真展2007 | トップページ | アンリ・カルティエ=ブレッソン しられざる全貌 »

映画」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。

戦争の記憶、
体験者にとっては辛いことですが、
後世に伝えていくことは大切なことと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27945/7070114

この記事へのトラックバック一覧です: ひめゆり:

» 「ひめゆり」 [■花林 〜小枝の音色に誘はれて〜]
先月の沖縄旅行中の記事でひめゆり学徒隊について記した際、長編ドキュメンタリー映画「ひめゆり」が公開中という情報を書きながらも その時点では未だ自分も行けておらず、沖縄から帰り次第観に行かなくてはー…と思って... [続きを読む]

» ガマ [蒼穹ぬムリカ星~琉球的徒然草~]
少し前になりますが、沖縄戦の際に避難場所として使用されていたガマ(自然壕)を訪れたことがあります。 沖縄戦跡めぐりについては平和学習の一環として盛んにおこなわれている一方で、安易な観光地化や観光客のマナーが問題視されています。 現場を訪れたからといって当時のことがわかるわけではなく、逆に訪れなくともその悲惨さを想像することはできます。 その賛否については、どちらの立場も理解できるだけに自分にはこれという答えはありません。しかし沖縄戦について頭ではなく肌で感じてみたいという... [続きを読む]

« 世界報道写真展2007 | トップページ | アンリ・カルティエ=ブレッソン しられざる全貌 »

無料ブログはココログ