« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

ミルコのひかり

監督:Cristiano Bortone

キャスト:Luca Capriotti(ミルコ)/Simone Gulli(フェリーチェ)/Paolo Sassanelli(ジュリオ神父)

Intro_main イタリア映画界の”音の魔術師”ミルコ・メンカッチ(Mirco Mencacci)氏の自伝的映画。

不慮の事故で両目の光(視力)を失った少年(ミルコ)。70’のイタリアでは、障害を持つ子供が健常者の子供と同じ学校に通う事が法律で禁じられていた(現在は法改正されている)。その為ミルコは、親元を離れ遠くジェノヴァにある全寮制の盲学校に転校する事となる。閉鎖的な学校は、子供たちの可能性を見出すような授業は行なわれておらず、職業訓練高のようだ。

「盲人には未来は無い」と言い切る保守的な校長は、障害者に対する世間の差別や偏見の象徴のように描かれている。

将来に希望の光を見出せないミルコは自暴自棄になる。そんなミルコを救ったのが古ぼけたテープレコーダーと良き理解者のジュリオ神父。

ジュリオ神父はミルコに「五感をいっぱい使うんだ」と教える。ミルコはテープレーダーに身の回りにあるあらゆる音を録音して一つの物語を想像した。その物語に感銘したジュリオ神父は子供たちの無限に広がる可能性を見出す。

雨はシャワーや指で手の平を叩く音。

風は窓を少し開けた時に流れ込む音。

ミツバチの羽音は唇を振動させた時の音で演出。

自分が普段何気なく聴いている音がそんな風に聞こえていたのかと、視力を失った子供たちの想像力には驚かされる。一つの感覚を失うと別の感覚が鋭敏になる、人間の神秘さも感じる。

今作では実際に視力を失った子供たちをオーディションで出演している。ミルコの親友・フェリーチェは先天的に視力が無い。ミルコに”色”の説明を求めるシーンは何とも言えない。青はどんな色?赤はどんな色。自分は幸いにも視力があり、日本の”四季の彩”も見る事が出来るが、彼らはモノトーンで見る事すら出来ず真っ黒な暗黒の世界しか体験した事が無いのだ。しかしそれ以外は他の健常者と変わらない。勉強もすれば、木登りもする。女の子の話もすれば恋もする。

ミルコは健常者の女の子に恋をする。彼女もミルコを自然と受け入れる。ミルコが彼女の顔を手で触り、彼女の姿を思い描くシーンは感動的だ。

ミルコ達は学芸会の作品として、音の児童劇を想像する事になる。

ドラゴンの咆哮はドラム缶!!

戦いの場面は、鍋やお玉を打ち鳴らす!

今思い出すだけでも微笑みが絶えないシーンだ。

「もっと自由に、もっと自由に!!」と映画は叫んでる様に思える。

児童劇を親達の前で披露するラストシーン。目を閉じて”音の世界”に浸っていたい位の感動的なシーン。

「ミルコのひかり」を見るまでは、自分も校長と同じ人間だったようにも思える。小学校の時、障害児は同じ学校に居ても特別教室の様な所で”隔離”されていた記憶がある。そのような教育を受けてくると、実際に街中で出合った時に、どう接してよいのか解らなくなる。手お差し伸べて良いのか、悪いのか・・・・

映画生活(http://www.eigaseikatu.com/title/18762/

曼珠沙華 伊勢原日向地区

Img_7404_4 曼珠沙華(彼岸花)が撮影したいと思い伊勢原市の日向地区に行ってきた。

関東で曼珠沙華の撮影地としては、日高/巾着田が有名な所があり、今回も撮影候補地に上げていたが、どうも観光地化が進んでしまっているようだ。JRのポスターにもなるくらいだからかなりの人出が予想され、思った様な撮影が難しいと思われる。インターネットで曼珠沙華の撮影地を探していた所、伊勢原の日向薬師付近を検索する事が出来た。場所的にも近くのどかな田園風景が広がる写真が目を引いた。

現地に着いたのが9時過ぎであった。既に三脚を据えたカメラマン達が沢山集まっていた。2~3日前にNHKで紹介されたらしく、午後からの人出も予想されたので、少しでも人が少ないうちに広角レンズを使用し広い絵を撮影しておく事にした。

田んぼの細い畦道に散策コースが設定されているので、基本的には一方通行。「3周目だよ」なんて声も聞こえました。道幅が狭いので三脚を据える位置にも気を使います。人の通りを妨げない様に広い場所を選びます。このような状況の場合、譲り合いが大切なので一箇所であまり時間を掛けずに、サッと撮影し場所を空ける事にも気を付けました。

また、三脚の脚が不用意に田んぼの稲を傷つけないように設置するのも大切。風景を撮影する事とは、自然を大切にする事と同意だと思います。被写体に愛情を持って接しないければ良い写真も撮れないでしょう。

それと他者の画角にも入らない考慮も大切。いきなり前に入ってくる人が居るんですよね。あからさまに文句も言えないので困ります。

Img_7421_2 一目で趣味が同じと解るのも良いものです。皆さん気さくに話しかけてくるし、こちらも声を掛け易く会話も弾みます。常連の方と会話をしていると、他の撮影ポイントなどの情報も共有出来ます。午後はその情報を元に他の地区へ移動しながら撮影を続けました。

1Km程の間に曼珠沙華の自生地が数箇所あります。日向薬師寺付近に比べると人出も少なくゆっくり撮影する事も出来ます。

Img_7445 Img_7487_2

遊希ひなた 撮影会

主催:Studio Swallowtail  撮影モデル:遊希ひなた  撮影場所:猿島(神奈川/横須賀)

Img_7213 先月のひまわり撮影以来、一ヶ月振りに遊希ひなたさんを撮影してきた。

撮影地は横須賀沖の猿島。猿島へは過去に何度も撮影で訪れている。ロケーション的には何箇所か”お決まり”な場所が用意されている。毎回同じ作画になってしまうのが少し気になるところ。

最近の猿島は、7~8月は首都圏からの海水浴客の多さの為落ち着いて撮影する事がかなり難しくなっている。その為、猿島での撮影は敬遠していたが、今回は9月に入ってからの撮影で、海水浴客も落ち着いた頃合と思い参加してきた。

元々夏場以外の猿島での撮影に興味があった。鬱蒼とした島内に雰囲気がイマジネーションに刺激を与えてくれそう。

しかし意に反して、真夏のような陽気が再来してしまい、小さな砂浜にはバーベキューをする人達で賑わってしまった。

人出が少なければ、砂浜や船着場など今までとは違うロケーションを御願いしたかったが残念ながら撮影をする雰囲気には程遠い。あまり派手に撮影をしているとギャラリーの注目を集めてしまい撮影どころでは無くなってしまう。

Img_7331 今回は同業他社も多数猿島で撮影会を開催していたようで、ロケーションが重なってしまい、普段より移動に労力が必要になってしまった。移動の回数が多いとゆっくり構図や作画をする事が煩雑になってしまう。

また、当日は露出を合わせ撮影しようとすると、太陽が雲の間に隠れてしまったり、突然顔を出したりの連続でなお更落ち着かない。

そんな中での撮影の為か、他の方の構図を利用させてもらう事が多かったと思える。少しずつ角度を変えるなどしながら全く同じ作画にならないように気おつけたつもりだ。

また、あまり構図に気に取られなくてもいいように、バストアップの写真を量産してしまった思いもある。自分が求める作風とは違う所もあるが、今まで遊希ひなたさんを数回撮影してのトータルのバリエーションを考えていく上では、今回の作画も”あり”なのではないかと思えてくる。

視線の力強さが非常に魅力的な遊希ひなたさんなのでバストアップの写真でも良い作品に仕上がってくれている。

あまりの蒸し暑さの為か少し集中力に欠落していたのか上手く平行を取れていない作品が目立ち残念な思いがする。

トランスフォーマー

監督/製作総指揮:Michael Bay

キャスト:Shia LaBeouf(サム・ウェイトウィッキー:通称スパイク)/Megan Denise Fox(ミカエラ・ベインズ:サムの恋人)/Jon Voight(ジョン・ケラー:国防長官)

Transformers2_800_2 今夏の話題作「トランスフォーマー」

最近はアクション映画を劇場で観る事が少なくなっていたが、この作品は公開前より気になる存在でした。原作は見たことが無いのですが、変形ロボットは日本のアニメ/特撮では御馴染みのキャラクターであり、それをハリウッドが何処までリメイクするのかに興味がありました。

最近のハリウッド映画はリメイク作品のオンパレード状態であるが、日本製「ゴジラ」のリメイク作品では、全く違う「ゴジラ」を誕生させている。原作に捉われない大胆な発想には期待するところが多くある。

この手の作品のストーリーには、「2001年宇宙の旅」がベースになるのでしょうか?

人類に知恵と発展を与えた”モノリス”的な物(今作では、キューブ)が登場します。欧米では進化論に否定的な考えを持つ人が沢山いると聞きますが、地球上に人類が誕生したのは、”地球外からの一撃”が定番のようです。

映画のストーリーに関しては、特に触れる事は無いです。文科系の青年とセクシーな美女のラブストーリーを織り込みながら、二人で地球の危機を救う。こちらも定番です。

Transformers1_800 しかし、トランスフォームする映像は見応えがあります。映画冒頭に戦闘ヘリが”ブラックアウト”にトランスフォームするシーンには、息をのみ鳥肌が立ちました。

戦闘機”F22 ラプター”が”スタースクリーム”にトランスフォームするシーンには、製作が噂されている「超時空要塞 マクロス」をベースとした作品で、戦闘機”バルキリー”が変形するシーンを夢想させます。今後映像が進化し、数十機のバルキリーがトランスフォームするシーンは圧巻ではないでしょうか。

日本のロボット作品では、パイロットが搭乗するタイプが殆どですが、ハリウッド作品のロボットは人工知能やクローン人間などが殆どです。現実の世界においても米軍は実戦部隊のロボット化(遠隔操作)を進めています。欧米の考え方には、自軍の兵士の人命を守る為のロボット化であり、ガンダムのように優秀なパイロットをロボットに搭乗させて最前線に送り込むとゆう発想は無いと思います。

今作品の成功は、ハリウッド映画におけるロボットアクション映画の一つの形になるのではないでしょうか。

AYAKA 撮影会(渋谷)

主催:エフ・スタイル  撮影モデル:AYAKA  撮影場所:渋谷(東京)

Img_6995 半年振りにエフ・スタイルに参加してきた。

モデルはAYAKAさん。ファッション・モデルの様な容姿で、ストレートの黒髪が印象的な女性です。撮影会モデルは初めてだと言うことでしたが、その立ち姿はなかなか格好良く決まってました。

初めて撮影する人とは、何か緊張してしまい前半は”様子見”的な所があるのですが、今回は、AYAKAさんの気さくな雰囲気につられて最初から良い感じで撮影する事が出来ました。主催者も心得たもので、集合してから直ぐには移動せずに少し会話をする時間を儲けて皆の雰囲気が打解ける時間を作ってくれました。

エフ・スタイルは、最初に撮影時の注意事項などを確認するなどして運営的にも好感が持てる撮影会だと思います。

エフ・スタイルに参加するのが少し遠のいていたのには理由があります。最近のエフ・スタイル掲示板を見ていると参加者の個性的な写真が多数アップされており、多少なりともプレッシャーを感じていました。皆の様な写真を撮らなければいけないのかな?とか、自分のスタイルに自信が持てないとゆうか・・・・

撮影をしている時って、モデル撮影会にしても風景撮影にしても普段の生活の中では感じる事の出来ない感覚を全て使っているような気がします。そんな所が好きで撮影しているのに、何か他人と競い合ってるような感覚に陥っていたのです。

Img_7029 エフ・スタイルは基本的に1対1で撮影なので、自分のスタイルで思う存分撮影がする事が出来ます。そんな良い環境を否定的に考えていたような気がします。もう一度プラス方向に針を振りなおして参加して来ました。

レンズ構成も少し変化を付けて、普段モデル撮影会には使用していなかった、EF 70-200mm F4L IS USMを投入し今までには無い撮影を試みてきました。

ロケーションやモデルが変わっても、毎回同じ焦点距離のレンズで撮影していると写真も単調になりがち。特に渋谷のロケーションは以前にも数回訪れて事があり、実際その時と重なる場所も数箇所あった。以前とは違うレンズを使用したり、少しポイントをずらしたりしながら変化をつけてみた。

ストリートでは店舗の前での撮影は難しいが、望遠レンズを使用する事で数カットではあるが撮影する事も可能である。また、遠めから歩く姿を撮影したりと何時もと違う雰囲気を演出する。

今回は移動回数が少なく、同じ場所でジックリと撮影する事が出来た。一人の持ち時間にも余裕があり、その分他の人が撮影している合間にロケーションをしたりイメージを固める時間的余裕もある。その時間を利用してマニュアルで露出を合わせてみる事にした。

Img_7122 絞りを決めてスポット測光で露出を測り、その値からマニュアル設定で自分の求める露出に追い詰めていく。そんな作業をしながらイメージを固めていた。

普段の評価測光またはスポット測光とカメラ任せの露出に比べると、かなりアンダー目に露出を合わせていた。自分の趣向が良く現れた感じだ。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

無料ブログはココログ