« 海老澤一恵 撮影会(等々力渓谷) | トップページ | トランスフォーマー »

AYAKA 撮影会(渋谷)

主催:エフ・スタイル  撮影モデル:AYAKA  撮影場所:渋谷(東京)

Img_6995 半年振りにエフ・スタイルに参加してきた。

モデルはAYAKAさん。ファッション・モデルの様な容姿で、ストレートの黒髪が印象的な女性です。撮影会モデルは初めてだと言うことでしたが、その立ち姿はなかなか格好良く決まってました。

初めて撮影する人とは、何か緊張してしまい前半は”様子見”的な所があるのですが、今回は、AYAKAさんの気さくな雰囲気につられて最初から良い感じで撮影する事が出来ました。主催者も心得たもので、集合してから直ぐには移動せずに少し会話をする時間を儲けて皆の雰囲気が打解ける時間を作ってくれました。

エフ・スタイルは、最初に撮影時の注意事項などを確認するなどして運営的にも好感が持てる撮影会だと思います。

エフ・スタイルに参加するのが少し遠のいていたのには理由があります。最近のエフ・スタイル掲示板を見ていると参加者の個性的な写真が多数アップされており、多少なりともプレッシャーを感じていました。皆の様な写真を撮らなければいけないのかな?とか、自分のスタイルに自信が持てないとゆうか・・・・

撮影をしている時って、モデル撮影会にしても風景撮影にしても普段の生活の中では感じる事の出来ない感覚を全て使っているような気がします。そんな所が好きで撮影しているのに、何か他人と競い合ってるような感覚に陥っていたのです。

Img_7029 エフ・スタイルは基本的に1対1で撮影なので、自分のスタイルで思う存分撮影がする事が出来ます。そんな良い環境を否定的に考えていたような気がします。もう一度プラス方向に針を振りなおして参加して来ました。

レンズ構成も少し変化を付けて、普段モデル撮影会には使用していなかった、EF 70-200mm F4L IS USMを投入し今までには無い撮影を試みてきました。

ロケーションやモデルが変わっても、毎回同じ焦点距離のレンズで撮影していると写真も単調になりがち。特に渋谷のロケーションは以前にも数回訪れて事があり、実際その時と重なる場所も数箇所あった。以前とは違うレンズを使用したり、少しポイントをずらしたりしながら変化をつけてみた。

ストリートでは店舗の前での撮影は難しいが、望遠レンズを使用する事で数カットではあるが撮影する事も可能である。また、遠めから歩く姿を撮影したりと何時もと違う雰囲気を演出する。

今回は移動回数が少なく、同じ場所でジックリと撮影する事が出来た。一人の持ち時間にも余裕があり、その分他の人が撮影している合間にロケーションをしたりイメージを固める時間的余裕もある。その時間を利用してマニュアルで露出を合わせてみる事にした。

Img_7122 絞りを決めてスポット測光で露出を測り、その値からマニュアル設定で自分の求める露出に追い詰めていく。そんな作業をしながらイメージを固めていた。

普段の評価測光またはスポット測光とカメラ任せの露出に比べると、かなりアンダー目に露出を合わせていた。自分の趣向が良く現れた感じだ。

« 海老澤一恵 撮影会(等々力渓谷) | トップページ | トランスフォーマー »

撮影会日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27945/7782732

この記事へのトラックバック一覧です: AYAKA 撮影会(渋谷):

« 海老澤一恵 撮影会(等々力渓谷) | トップページ | トランスフォーマー »

無料ブログはココログ