« トランスフォーマー | トップページ | 曼珠沙華 伊勢原日向地区 »

遊希ひなた 撮影会

主催:Studio Swallowtail  撮影モデル:遊希ひなた  撮影場所:猿島(神奈川/横須賀)

Img_7213 先月のひまわり撮影以来、一ヶ月振りに遊希ひなたさんを撮影してきた。

撮影地は横須賀沖の猿島。猿島へは過去に何度も撮影で訪れている。ロケーション的には何箇所か”お決まり”な場所が用意されている。毎回同じ作画になってしまうのが少し気になるところ。

最近の猿島は、7~8月は首都圏からの海水浴客の多さの為落ち着いて撮影する事がかなり難しくなっている。その為、猿島での撮影は敬遠していたが、今回は9月に入ってからの撮影で、海水浴客も落ち着いた頃合と思い参加してきた。

元々夏場以外の猿島での撮影に興味があった。鬱蒼とした島内に雰囲気がイマジネーションに刺激を与えてくれそう。

しかし意に反して、真夏のような陽気が再来してしまい、小さな砂浜にはバーベキューをする人達で賑わってしまった。

人出が少なければ、砂浜や船着場など今までとは違うロケーションを御願いしたかったが残念ながら撮影をする雰囲気には程遠い。あまり派手に撮影をしているとギャラリーの注目を集めてしまい撮影どころでは無くなってしまう。

Img_7331 今回は同業他社も多数猿島で撮影会を開催していたようで、ロケーションが重なってしまい、普段より移動に労力が必要になってしまった。移動の回数が多いとゆっくり構図や作画をする事が煩雑になってしまう。

また、当日は露出を合わせ撮影しようとすると、太陽が雲の間に隠れてしまったり、突然顔を出したりの連続でなお更落ち着かない。

そんな中での撮影の為か、他の方の構図を利用させてもらう事が多かったと思える。少しずつ角度を変えるなどしながら全く同じ作画にならないように気おつけたつもりだ。

また、あまり構図に気に取られなくてもいいように、バストアップの写真を量産してしまった思いもある。自分が求める作風とは違う所もあるが、今まで遊希ひなたさんを数回撮影してのトータルのバリエーションを考えていく上では、今回の作画も”あり”なのではないかと思えてくる。

視線の力強さが非常に魅力的な遊希ひなたさんなのでバストアップの写真でも良い作品に仕上がってくれている。

あまりの蒸し暑さの為か少し集中力に欠落していたのか上手く平行を取れていない作品が目立ち残念な思いがする。

« トランスフォーマー | トップページ | 曼珠沙華 伊勢原日向地区 »

撮影会日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27945/7980853

この記事へのトラックバック一覧です: 遊希ひなた 撮影会:

« トランスフォーマー | トップページ | 曼珠沙華 伊勢原日向地区 »

無料ブログはココログ