« カルラのリスト | トップページ | 田中かおり 撮影会 »

ユニセフ・シンポジウム「取り残される子どもたち」

日時:2007年11月19日(月) 18:30~21:00

会場:よみうりホール(有楽町)

ユニセフ(国際児童基金)シンポジウムに参加してきました。

ユニセフのシンポジウムには、2004年5月に「積み残された子どもたち」と題したシンポジウムに参加して以来2度目となる。

会場には、中高生と思われる生徒から年配の方まで幅広く来場し満席の状態。「児童の権利に関する条約(子どもの権利条約)」が国連総会で採択されてから18年目を迎える今年、色々な世代の人が同じ問題について考える良い機会を設けてもらった。

最初に驚いたのが、「児童の権利に関する条約」を日本が承認してから13年しか経っていないとゆうこと。採択当初から承認しているのかと思いきや少し残念な気持になった。最近でこそ、北朝鮮による拉致事件などで、人権侵害問題が公に議論されるが、残念な事に世界的には日本における人権侵害意識はかなり低いらしい。アムネスティ・インターナショナルの評価もあまり良くなかった記憶がある。

未だにアジア各国に対する、売春ツアーが横行していたり、インターネットでの児童ポルノの発信源は以外にも日本がその中核をなしているとゆう話も耳にする。

世界的に問題となってる、児童兵士や児童労働などは流石に日本国内では起きていない。逆にそれが日本国内での問題意識の欠落に繋がっているような気がする。

「子どもの権利条約」によって各国は、児童兵士、児童労働、児童ポルノ、児童買春などに対して法制化して厳しく取り締まる事が求められるが、着実に制度として履行しているかを監視する役目が我々にはある。その監視する立場にある”大人”が問題に対して無関心では話にならない。

子どもにも自信の権利「子どもの権利条約」について認識していてくれなければ意味が無い。その権利がある事を知らなければ行使することが出来ない。しかし日本の教育現場では、なかなか伝える事が出来ていないらしい。

残念な事に”出来ない”のでは無くて、”伝えない”というのが現状だそうだ。学校側としては教育現場を不用意に混乱させたくない気持が働いているとゆう。

シンポジウムの場を通して、子どもたちに伝えて行くのも意義深いが、シンポジウム来場するのは、多少なりとも問題意識がある人達であり、無関心の人はそもそもこのシンポジウムの存在する知らないであろう。

また、世界にはマスコミ報道が未発達であったり、識字率の低い国や地域がまだまだ沢山ある。その国(地域)の人たちを如何に助けてゆくのかも問題だ。そのような国(地域)の子どもたちが、一番被害や搾取にあっている。

グローバル化の潮流は、富める国と貧しい国を生み出した。富める国の中にも、急激な経済発展を遂げた、インドや中国のように国内格差の問題が内紛している。

インドにおいては、18歳以下の人口4億5000万人のうち、小学校に通えるのは25%程度しかおらず、50%は極度に栄養不良な状態の子ども。児童労働においては世界1の数に達している。

グローバル化の恩恵を受けて成長してきた日本や欧米各国は、取り残された国(地域)に対する責任が発生していると思う。

今回のシンポジウムのテーマは、決して子どもに特化したテーマでは無いと思えた。日本には、”大人”と”子ども”を分ける儀式(成人式)があるが、本来は区別するのは変な話で、この世に生を受けた瞬間から一人の人間である。一人の人間の人権として問題を見るべき事だと思えた。

”大人”が嫌がる事は、”子ども”も嫌に決まっている。ましてやそれを力で強要したり搾取する行為は違法以外の何もでもない。

« カルラのリスト | トップページ | 田中かおり 撮影会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27945/9129628

この記事へのトラックバック一覧です: ユニセフ・シンポジウム「取り残される子どもたち」:

» NONブログ開設致しました。NONはユニセフに協力しています。 [NONブログ]
株式会社NON公式ブログ開設致しました。更新中です。ご覧下さい。 [続きを読む]

« カルラのリスト | トップページ | 田中かおり 撮影会 »

無料ブログはココログ