« 田中かおり 撮影会 | トップページ | ロシンアン・ダイアリー/暗殺された女性記者の取材手帳 »

MAGNUM PHOTOS/世界を変える写真家たち

監督:ライナー・ホルツマー

Im_intro マグナム・フォトとは、
「1947年、ロバート・キャパ(ハンガリー人)の発案で、アンリ・カルティエ= ブレッソン(フランス人)、ジョージ・ロジャー(イギリス人)、デビッド・ シーモア("シム")(ポーランド人)らが創設した、会員が出資して運営する、 写真家の集団」

2007年も終わりに近ずいてきましたが、今年は「マグナム・フォト」創立60周年にあたる。

現在のマグナムを率いるメンバーが自らの言葉でマグナムについて語るドキュメンタリー映画。新規会員の選考会など普段観る事の出来ない映像も多数ある興味深い映画。

マグナムのイメージは、キャパのスペイン動乱当時に狙撃された兵士を撮影したと言われている「崩れ落ちる兵士」に代表されるように、時代の動乱をつぶさに記録して来た写真家の集団ように思えるが、60年の歳月を経て随分と変化してきたみたいです。

特にテレビ報道台頭により、報道写真の存在(必要性)が薄れる現代。マグナム・フォトも生き残りを掛けて変化を余儀なくされている。古き良き伝統を守りつつ新しい鼓動にも挑戦している。テレビ報道のスピード感には付いていく事は写真には不可能だ。そこでマグナムの選んだ選択肢の一つに、「同じ被写体を長い時間を掛けて撮影する」事だ。

それを実現するのには、マグナム・フォトの独立性が重要になる。

エージェントからの催促されることなく、ジックリと撮影する。設立当初から、写真家による写真家の為のエージェントであったマグナムは、その経営にプロの経理士や財務担当者がいないそうだ。それでよく60年も運営出来たものだと感心する。

今作のストーリの一つ、マーティン・パーを正式メンバーとして迎え入れるか否かの話は興味深かったです。

劇中ある写真家が「戦場フォトは簡単。戦場自体が非日常であり劇的なシーンが溢れている」と語っている。
日常の光景を劇的に撮影する事が出来るのが、マーティン・パーなのであろう。
彼のスナップは、凄く単純。”撮りたいものを撮る”
彼は色にインスパイアされるようで、その被写体はショーケースのパンや食肉、派手なネクタイと多彩。

また、彼の撮影スタイルを見ていると、カメラ一つで初対面の被写体(人物)との距離を一気に近かづける”技”は見応えがある。中々彼のように上手くは出来ないものだ。

戦争や貧困など特定のテーマを追い続ける写真家の対極に、あらゆる被写体に興味を示す写真家もいる。

どちらにも共通する思いは、「自分に正直」であることだろう。自分の撮りたい被写体をひたすら追い続ける。マグナムには変わらない志が受け継がれているように思える。

アンリ・カルティエ= ブレッソンは、写真を逆さまにして構図の確認をしていた等、面白いエピソードを聴く事もできた。

映画生活(http://www.eigaseikatu.com/title/19377/

« 田中かおり 撮影会 | トップページ | ロシンアン・ダイアリー/暗殺された女性記者の取材手帳 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27945/9613512

この記事へのトラックバック一覧です: MAGNUM PHOTOS/世界を変える写真家たち:

« 田中かおり 撮影会 | トップページ | ロシンアン・ダイアリー/暗殺された女性記者の取材手帳 »

無料ブログはココログ