« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

イスラエル・ロビーとアメリカの外交政策 Ⅰ

イエス・キリストの復活には、ユダヤ人が”約束の地”に帰還する事が必要。

そんな話を以前聴いた事があった。キリスト教右派の教徒にもそんな話を信じる人たちもいるらしい。まさかそんな”おとぎ話”とも”神話”とも取れない話を基にアメリカの中東政策が決定され、イラク戦争が始まった等とは考えたくもない。

しかし、本書『イスラエル・ロビーとアメリカの外交政策Ⅰ』を読んでみると、”まさか!”と思いたくなる。イスラエル・ロビーとは、日本における”族議員”的な存在かと思いきや、もっとアメリカの国政、特に外交政策に強い影響力を持っているようだ。イスラエルの為ならばアメリカ本国に対してマイナスな事でも影響力を行使する。

イラク戦争開戦は、石油利権の確保のみならず中東におけるイスラエルの安全保障的な意味合いがあるのではないかと思っていたが、アメリカの中東戦略は、中東一国支配を嫌っている向きがある。イラクやイランが軍事力を背景に資源(石油)を独占し国際経済を左右されるのが嫌なのだろ。それならば、何故イスラエルに対してだけ必要に支援をするのかが不自然で為らない。しかしそこには、イスラエル・ロビーと選挙の関係があるようだ。

アメリカの選挙は非常に資金が必要となり、大統領選挙ではの資金力が指名候補獲得の鍵となる。その資金源となるのがイスラエル・ロビーの各種団体や個人のようだ。

イスラエルに対する友好的な発言、政策を掲げる候補に対する資金提供のみならず、相手候補者に対するネガティブな攻撃をも行なう。現在行なわれているアメリカ大統領選挙の民主党指名候補者選で苦戦をしている、ヒラリー・クリントンは、夫のビル・クリントン元大統領がイスラエルとパレスチナの歴史的な和解を演出した時、アラファト議長婦人と抱擁したシーンがイスラエル・ロビーの反感を買ったらしい。

イラク開戦当時、次期大統領選を視野に入れ始めたのかは解らないが、民主党議員でありながらイラク戦争開戦を支持し、未だにその行動を撤回する事は無い。

バラク・オバマの攻勢が続いているが、テキサスや南部と言ったキリスト教右派の支持層が強い大票田が残っているだけに、民主党候補者選は最後まで縺れそうだ。

ユダヤ人は、”ホロコースト”とゆう悲惨な過去を経験してきた。イスラエル・ロビーはその過去を巧みに利用し非難をかわしている。”反ユダヤ主義”(ユダヤ人を排除するような考え方)は”悪”との構図を作りだしているようにも思える。

確かにユダヤ人の過去は悲劇ではあるが、現在の中東の状況はどうだろう。

イスラエル/パレスチナの関係を見た場合、どちらが”ひ弱い子羊”なのかは容易に察しがつく。分離壁の建設や、レバノンに対する攻撃など国際的にも非難されている政策をとってきたイスラエルを支援する事はアメリカにとっても非常にマイナスなのではないかと思える。

それでも支援を続ける。確か現アメリカ大統領もキリスト教右派だった。

飯山線

Img_9024 昨年(2007年)秋に渡良瀬渓谷に紅葉撮影に行った時に撮った一枚の渡良瀬渓谷鉄道の写真が切欠に、”鉄道のある風景”写真が撮りたく色々計画をしてきた。

第一弾として冬景色と共にローカル線を撮影する事にした。

長野駅から越後川口(新潟県)を結ぶ飯山線は千曲川(新潟県に入ると信濃川と名称を変える)沿いを走るローカル線で、新潟の豪雪地帯を横断している。雪中撮影の経験も乏しく不安な部分も多々あったが、行って見なければ納得出来ない性質なので、”ダメ元”で旅をして来た。

Img_8917_2

早朝の東京駅から長野新幹線に乗ってAM 9:00過ぎに長野駅に到着。気温5度程だが思ったより寒くない。

長野駅を出発した飯山線。戸狩野沢温泉駅辺りまでは積雪も少なく街中を走る私鉄といった雰囲気。新潟県の境に近かづくにつれてその様相は一遍して来た。トンネルを越えるたびに積雪も多くなり車窓から見える景色も美しさを増す。特に撮影ポイントは決めておらず、車窓からの適当なポイントで下車するつもりでいたが、段々と降雪量が増えてきた。

とりあえず、津南駅で下車。この時点で外は吹雪いている状態。果敢に駅舎の外に出てみる。暫く歩くと足首まで雪に埋もれている。雪質が軽いので身体に纏わり付く事は無いが正面から顔に当たり撮影どころでは無い。歩く度に足が埋もれてくる深さが増す。結局20分ほどで断念駅舎に戻り、ホームから列車を撮影する事にした。

Img_8901 除雪車の運転手と話す機会があり、今日で2度目の出動だと聞かされる。暫く地元話を色々聴くことが出来た。

初日の撮影は諦め少し早いが宿泊先の十日町駅に向かう。

するとどうだろう、十日町駅付近では降雪は止んでおり青空も見えた。ならばと思い、翌日撮影予定の十日町~越後川口へと向かう事にした。

Img_8928 車窓から何やら面白い模様が見え内ヶ巻駅で下車する事にした。

氷の張った水田に雪が積もったのか迷路の様な模様を作っている。またその向こうには丁度飯山線の線路が見える場所であり良い景色が撮れそうなポイントであった。時刻表で列車の通過時間を確認し、三脚を据える。列車の通過する姿を想像しながら三脚の位置を決めるレンズの焦点距離を考える。中々難しい作業だ。列車を待つに連れ日が暮れなずんでいくので、その都度ISO感度を調整しながらその時を待っていた。

Img_8960

初めての割りには悪くないかな。

直前の踏み切りが鳴り出した時からの緊張感は初めて感じた。

連写性能があまり良くないEOS 5Dだと列車撮影は少し厳しいのかなとも感じたが、特急列車ではないので狙ってシャッターを切れれば問題は無いだろう。

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

無料ブログはココログ