« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

カラシニコフ

510abe7ajql_sl500_aa240__3世界の人口:66億人
世界中に溢れるカラシニコフ自動小銃(AK47):1億丁。

AK47の世界的なヒットには、幾つか要因がある。

一つは東西冷戦の終結。
ニコラス・ケイジ主演の映画「ロード・オブ・ウォー」でも描かれていたように、東西冷戦の終結によって経済が困窮した東欧諸国は軍部に対する国家予算が削られ、軍人への給与の遅配が続く。
箍の緩んだ軍人は、武器弾薬を手当たりしだい安値で売り払った。

もう一つのルートは、金正日帝国のような不正に武器を輸出する国。
そのような国は売却先を厭わない。

ダイヤモンドや原油で巨万の富を築いた独裁国家は、その利益を国民の為に農地改革やインフラ整備に予算を割かず、武器の購入やテロリスト支援、周辺国や敵対国の反政府ゲリラ支援に充てる。

構造が簡単なカラシニコフ銃は、子供でも1~2週間で解体整備から実際の使用までに至る。
その為、少年兵を多数要する各国の反政府ゲリラには大変重宝される。
こうしてカラシニコフ銃が拡散して行く。

国民生活の安定に関心を示さない国家を『失敗国家』と評している。
失敗国家誕生の裏にも銃が暗躍する。

紛争や内乱の終結後に武装解除に失敗した国や地域は、失敗国家への道を突き進む。

では、銃の無い社会は実現可能なのだろうか?

内戦終結後の紛争地では、対立する勢力(宗派)間には相互不信が根強い。
一方の勢力が完全に武装解除しない限り、もう一方の勢力も武器を手放さないだろう。

より強力な勢力(政府)が治安の維持を約束すれば可能なのか?

警察権力が治安を維持するアメリカ合衆国でも、銃犯罪は後を絶たない。
広大な土地を擁する場合、隣家や警察とも離れており自分の身は自分で守らなければ成らないという論理も存在する。
しかし、銃犯罪の発生率では都市部の方が多いだろう。
銃規制法案が成立する一方で、全米ライフル協会のように銃手放さない人たちもいる。

アメリカの建国の歴史は銃によって築かれた。新大陸の発見から侵略が始まり、南北戦争の内戦を経てきた歴史的背景から失敗国家ではないかとも思える。

日本はどうだ。
銃犯罪の少なかった日本ではあるが、近年はそうでもない。
暴力団同士の抗争以外にも、銃が使われるケースも多発している感じがする。
相手より優位性を保つ為、己の欲望を満たす為に銃把を握る。

結局は誰か一人が銃を持っていれば、それに対抗する手段としてより強力な銃が必要となる。

治安を維持するのは銃ではない。解っているが抜け出す事の出来ないスパイラルのようだ。

雨上がり

Img_0477_3 天気予報より随分と早く雨が上がってしまった。

雨降りの情景では無くて雨上がりになってしまったが、次回のロケハンぐらいにはなった。

「浄智寺」が良さそうな風情があった。

Img_0510_3 Img_0539_2

新涼 撮影会

主催:Studio Swallowtail  撮影モデル:新涼(あらたすず) 撮影場所:浮間公園(東京)

Img_0409風景写真(花撮影も含む)の場合、事前時準備作業が必要となる。

何時、何処で撮影するのか?

どんなイメージで撮影すのか??

『春』からイメージできる言葉を書き連ねてそこから彩りや音、情景や心情を抜き出してみたり...

そんな時にも頭の中でシャッターを切っている。色々を労力が必要となるが意外とその時間も楽しい。

最近ポートレートに関しても、イメージする方法論を取り入れてみている。

そんなイメージの一枚『写真日和』

新涼さんは、色々と表情が変わって面白かったです。美人ですし。

春特別編 『彩ふ芳香』

今年の春は、大風景を撮影するのでは無く、足元に目を向けて見ました。
草木や花の彩りをパステル調に表現する事をテーマに3月頃より撮影を進めてきましたが、立夏(5月6日)も過ぎ、そろそろ春撮も終演を迎えました。

「富士見塚」に菜の花を撮影に行った時、噎せる様な花の香りを感じた事を思い出し『彩ふ芳香』なるタイトルを付けました。

もし、花の香りに色が付いていたら。
花の蜜を求める昆虫達には、こんな風に見えているのかもしれません。
http://fotologue.jp/Caprice045/

Img_9811

春、終演 ~神代植物園

”みどりの日”の本日は、神代植物園の無料開放日でした。入園料500円得しました。

クリスマスローズImg_0232

Img_0233_2

シランImg_0240

木賊(トクサ)Img_0251_2

もうじき初夏ですね。

甦生

Img_0125_2大分イメージに近いタンポポが撮れました。

種子の背景にタンポポを暈し、種子が再び花開いた姿をイメージしています。

Img_0112 若葉からも生命の甦生をイメージできます。

小石川植物園で撮影して来ました。90mmマクロで近かづくのが難しいです。

撮影のし易さは昭和記念公園が一番ですかね。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

無料ブログはココログ