« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

秋を探しに ~伊勢原/日向地区~

昨年に引き続き、伊勢原/日向地区へ曼珠沙華の撮影に。

Img_1708

前日までの雨の影響で、少しぬかるむ畦道。

朝早くから沢山のカメラマンが既に撮影を開始していた。

Img_1724 しかし、沢山人(カメラマン)が集まると、マナーの悪さも目立ってしまう。

上記の写真を撮影する時も大変だった。人通りから少し離れた小高い丘からは田んぼの畦が綺麗に見える。

目ざとく見つけたカメラマンが1人2人と集まるが、誰も撮影を始めない。

立入禁止の田んぼの真ん中で撮影している輩がいるのだ。延々20~30分程待たされ、痺れを切らしたカメラマンが怒鳴る!

他にも、撮影に邪魔な草木を折る輩や、田んぼに三脚を突っ込む輩と目に余る行為が随所で展開されている。

折角、地元の方々の御好意で開放して頂き、素敵な風景を撮影出来るのに、何時の日か撮影禁止にならなければ良いのだが・・・・・

今日は、周辺も散策しながら”秋色”を探してきた。

Img_1744

Img_1796 Img_1735_2

曼珠沙華~常泉寺

台風が足早に過ぎ去った初秋の日、神奈川県大和市の「常泉寺」で彼岸花の撮影。

Img_1651

田畑の畦道に彼岸花が多いのは、その球根に毒をもつ為、モグラ対策の為だとか。

”美しい華には毒がある”そんな言葉が似合いそうなくらいに魅力的な華。

Img_1643 白い彼岸花も沢山咲いてました。

Img_1674 Img_1682

真上から撮影すると、放射線状に広がった”しべ”が面白い模様を描きます。

「常泉寺」の入り口には、「三脚・一脚の使用禁止」の看板が大きく掲げられています。遊歩道が狭いので使用禁止にも頷けます。

しかし、わざわざ看板を掲げるって事は、この狭い遊歩道で三脚を使用する人がいるって事だろう。

常軌を逸する行為だ。

秋を探しに ~大野山~

9月に入り秋めいて来てたこの頃。秋の被写体探しに神奈川県山北町の大野山にフォトトレッキング。

共和小学校を過ぎ山道に分け入ると、直ぐにきのこが出迎えてくれた。

Img_1547 Img_1549_2

食べれるのだろうか?

この日の気温は30℃近くあり、可也蒸し暑く感じたが、山に入ると多少なりとも気持良く感じる。

擦れ違う人も疎らで静かな山中だが、久しぶりのフォトトレッキングなので、大分疲れてきた。

疲れがピークに達した頃、目の前が開けた。地図には牧場が示されていたっけ。最後の階段を上りきると小さな花が迎えてくれる。

Img_1556_2 Img_1559

花の名前は分からないが、白く可憐な花。

暫く撮影をしていると、俄かに雲行が怪しくなってくる。

山頂付近から撮影した山並みにも霧が立ち込めている。

Img_1568 案の定、雨が降り始めた。

雨対策を何もしていなかったの残念ながら足早に下山する事にした。当初予定していた谷峨駅側に抜ける登山ルートでは無く、山北駅に戻るコースを取った。

時より強く降る雨の中強行軍で下山。

改めて御殿場線で谷峨へ向かう。

先日訪れた時より、少し稲穂も黄金色になって来た。

Img_1576 Img_1600 Img_1614

”金麦”の収穫も間近だろう。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

無料ブログはココログ