« 未来を写した子どもたち | トップページ | ダークナイト »

2008冬撮~奥日光

Img_2709 2008年の撮り納め、12月28日~29日に奥日光へ。

例年12月中旬には降雪が始まる奥日光。今年は25日頃からやっと降り始めたそうです。

ところが、

12月28日は、日本海側の寒波の影響で猛吹雪状態。
いろは坂を上り切る頃には暴風雪!!
多少の降雪は期待していたが、トンでもない事になった!?

雪が降る分には撮影には然程影響は無い。雨よりは断然良い。しかし暴風雪は話が別。当初の予定では、日が暮れるまで翌朝のロケハン程度に...なんて事を考えていたが、時折吹き降ろす吹雪で前も見れない常態。仕方が無く早めにホテルにチェックイン。

今回の撮影目的は『暁の湯ノ湖』

その為、湖畔近くに宿を確保する必要があり、普段の「たび撮」より2倍以上の宿泊予算に。

ボーナスも頂いたので、少し贅沢に温泉も楽しんで来ました。

宿泊先は「ホテル花の季」。湯ノ湖から歩いて5分程。名前の通り、館内には花が沢山飾っており、寒い外から来た者を優しい花の香りが包んでくれます。

温泉も広く、ユッタリ寛ぐ事が出来ます。露天温泉もありましたが、この日の天候では少し厳しいですね。

仲居さんも気さくな方で、旅の疲れも癒えます。

豪華な夕食を済ませ、明日の天気予報をチェック後早めに就寝。

翌朝、期待を込めて5時30分に起床してみると、概ね天候は回復していました。6時30分頃から、仄明るくなり始めたのでホテルを出発。 前日に目を付けておいた湖畔のポイントへ。

Img_2734 気温マイナス5℃。 指先が冷たくなり始めた6時50分頃に後方より朝陽が上ります。

薄青い世界から、朝陽が山頂を赤く染め始めました。
ドラマチックな瞬間の訪れ。

Img_2746 Img_2755

刻一刻と変わる露出に悪戦苦闘。

日が上り切るまでの僅かな時間。夢中でシャッターを切りました。

人通りも無く、この光景を独り占めしているような贅沢な時間が過ぎました。

Img_2766 すっかり明るくなった湖畔を後にホテルへ戻ります。

朝食後、近くの湯滝へ。

滝幅も広くて迫力のある湯滝でしたが、その迫力を伝える事が出来そうな写真が撮れなかったのが残念。
湯滝脇のレストハウスの御主人が「多分今日当たり観れるんじゃないの」と情報を提供してくれたので中禅寺湖畔の立木観音付近へ。

Img_2797 前日の強風で中禅寺湖の水が樹木に吹き付けられ、そのまま凍った芸術。
何やら怪獣の様にも見えます。

足元がアイスバーンになっているので、撮影するのも必死でした。

Img_2805 冬の到来を待つ葉っぱも一気に氷に閉じ込められました。

Img_2809 初めて訪れる撮影地では、地元の人との交流が思わぬ被写体と巡り合わせてくれます。

旅をすると感じるのは、偶然出逢った皆さんの気遣いや優しさですね。
今回の旅の終わり夕食に立ち寄った浅草の韓国料理屋で、韓国人の青年が片言の日本語で「よいお年を」と声を掛けてくれました。

心が和む一時でした。

皆さんも「よいお年を」

« 未来を写した子どもたち | トップページ | ダークナイト »

フォトトレッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27945/26642355

この記事へのトラックバック一覧です: 2008冬撮~奥日光:

« 未来を写した子どもたち | トップページ | ダークナイト »

無料ブログはココログ