« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年 春 桜~石割桜

Img_3844 先週に引き続き沼田へ撮影に行く事にした。GWは山形、福島辺りで撮影を狙っていたのだが、例年に無い開花の早さで既に散ってしまった。

沼田市のHPでは、まだ満開状態でしたので急遽「石割桜」の撮影に決めました。

沼田駅からバスで1時間程で三本辻バス停へ到着。殆ど車の往来が無い立派な農業用の道路を1時間程山登りです。舗装路なので歩き易く、車道いっぱい使って歩けるので気分は良好。

道なりに進めば、石割桜の案内板に出会うので道に迷う事は無いです。

現場に着いて最初に感じたのは、電線が....

沼田市もHPに載せて紹介しているのだから、もう少し配慮してもらいたいな。

桜の樹が石を割ったのか、割れていた石の間に桜の種が舞い込んだのか微妙な所ですが、石を割った様にはなってました。

石割りの方から撮影すると、どうしても電線が邪魔になるのが非常に残念でした。山桜の雰囲気はあったのですが、少し幹が細く力強さは感じられませんでした。

帰りに「山妻有りの桜」をロケハンして来ました。すっかり桜は散ってましたが、此方の方が雰囲気は良かったですね。傍らに祠があったりと地元との関係を連想させます。

2009年 春 桜~上発知のシダレサクラ

沼田駅からバスに乗り山間部に乗り入れる事30分程で、坂上バス停に到着。暫く歩くと畑の真ん中に大きな桜の木が見えた。目印の赤い前垂れを付けた御地蔵さんも見える。

Img_3768 既に見頃を過ぎており、少し緑色も混じった枝垂桜ではあるが、悠然とした姿は存在感がある。満開の頃を思い描くと一段と優麗な一本桜だと思える。

周囲には他にも大きな桜の木があったが、その根元にはお墓が見えた。梶井基次郎は「桜の樹の下のは屍体が埋まっている」と書いたが、正にそんな感じだ。

Img_3766

周囲を山で囲まれた地方では、桜の樹がお墓の目印のように思える。長い年月、桜が花開く頃に皆が集まり、先祖を敬っていたのでは無いかとも感じた。

鎮守の役割があり、人と自然の関係を垣間見える一本桜に魅了される。

来年は、是非とも満開の桜の樹に出会いに行こう。

Img_3763

2009年 春 桜~光厳寺(あきる野市)

Img_3715早朝武蔵五日市駅に到着。既に沢山のハイカーがバス亭に並んでいた。2番乗り場のバスに乗車して10数分、戸倉のバス停で下車しさらに坂道を10数分歩くと、光厳寺に到着した。

先週(4月4日)同地を訪れた時には、まだ蕾が膨らみ始めた程度で、開花まで時間が掛かるなと感じたが、暖かい日が続いたこの一週間で急激に開花が進んだらしく、満開状態。

Img_3700 樹齢400年とも言われる山桜は、長い年月を生き続けた風格するら感じる姿を見せていた。

午前中に撮影に行くと逆光気味なポジションになってしまうが、午後には沢山の人出が予想され、山桜の前庭が狭いので思うような撮影が出来そうになく、午前中(朝早く)の撮影も仕方が無いかな。

到着した時には、既に数名が撮影しており朝の挨拶を交わし気持ちよく撮影が開始出来た。

Img_3707_2 山頂部から見える背景を大きく取り入れたかったが、ハレ切りをする用意が無かったので思うようなポジション取りが出来なかった。

また、手前の柵と柵手前に陣取った写生をしている方をフレームインさせるか悩み所でした。

人工物をフレームインさせるのはダメではないと思うが、山桜の前庭が狭く、引いて撮影すると色々なものが入り過ぎてしまうので、なるべく山桜以外のものが入らないようにしました。

Img_3720 しかし、今にして思うと、もっと回りの情景を説明出来るような構図でも良かったかなと反省してます。

寄っての撮影は山桜(一本桜)の力強さは表せても、長きを生き抜いた雄大さが感じられない気がします。

このような地に撮影に行くと毎回残念に思うのが一部輩のマナーの悪さです。

この日も柵内に入って撮影している輩がおり、柵が設置されている意味が理解出来ないようだ。

2009年 春 桜~青梅/梅岩寺

Img_3665 早朝に出発したので、8時過ぎに青梅に到着しました。

薄日の射すものの空は雲で白く覆われていました。駅から歩く事5分程の距離に梅岩寺はありました。

到着した時には既に数名の方が三脚を据えて撮影をしています。邪魔にならないようにまずは近くまで寄ってみました。

山の斜面から樹齢150年のしだれ桜が迫り出している感じで、大きく広がった桜は迫力があります。

少し離れた位置に三脚を据えて、70-200mmで撮影を開始。手前の山門近くにあるしだれ桜もフレームに入れるかどうか悩み所。三脚の設置場所に限度があるので、2本の桜が重なるように構成するには少し無理があるかも。

Img_3668

都心から離れているので、派手な花見客もおらず、静かな時間が過ぎています。「愛でる(メデル)」とは、このような瞬間を言うのでしょうか。

満開にはあと2~3日くらい掛かりそうなので、今週末にもう一度訪れても楽しめそうです。

その後、武蔵五日市に移動して、光厳寺の大桜の様子を見に行きました。都内のソメイヨシノの開花から2週間くらいで開花するそうで、あまり期待はしていませんでしたが、案の定、蕾が膨らみ始めた程度でした。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

無料ブログはココログ