« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

トランスフォーマー/リベンジ

Tf2_dtop9_1280x1024 前作を観た時に受けた衝撃からすると、新たな興奮が薄かったかなと思える。一番の見せ場はトランスフォームする瞬間だと思うが、何か機械がガチャガチャ動いているだけの様に見え、前作の流れるような映像を感じなかったは残念。

ストーリー的には、前作の続き(数年後)の設定の為、細かい背景説明をする事無く激しい戦闘シーンに突入する。

戦闘シーンはなかなかの迫力があるが、オートボットやディセプティコンがビルや橋脚に登っている映像は何かリアリティを感じ得ない。如何にもオモチャですって感じ。

Tf2_dtop12_1280x1024

個人的には、もっと人類とオートボットの関係を絡めた謎解きストーリーが良かったが、まだまだ続編が作成されそうなので今後に期待したい。

新型のディセプティコンが何種類か登場していたが強力な個性が感じられない。

登場人物に関しても少しオチャラケたキャラクターが多すぎる気がする。

1人くらいが適当で、あちら此方に散りばめられると、映画そのものの品位が下がってくる。

Tf2_dtop10_1280x1024 単なる”未知との遭遇”からエイリアンと共存/共栄する時代になってきた。

映画生活:http://www.eigaseikatu.com/title/24780/

世界報道写真展2009

今年も東京都写真美術館で「世界報道写真展」が開催されています。
年々会場の規模が小さくなっている気がする....

1年が過ぎるのは早いものですが、記憶が薄れるのも早いです。
記憶が薄れると言うより、衝撃的な事件、天変地異を報道した後のケアが殆どされてこないので、人々の記憶から薄れてしまうのかもしれません。

ネットの普及に対抗するように、報道局各社は逸そうLive報道に力を入れているような気がします。
速報性ばかりを重視する事で、事件/事故の当事者が受けた心の傷が見え難くなってしまっているのではと危惧します。

世界報道写真展には、普段報道される事が無い地域や、紛争終結後の地域が写される事が多くあります。
立ち止まって考察するいい機会になります。

紫陽花

Img_4234横浜市の「あじさいの里(白鳳庵)」は今が最盛期でしょう。

横浜近郊で紫陽花の名所は鎌倉の寺院なのかも知れないですが、あまりにも有名の為、人波に押される形で撮影どころでは無い状態。

あじさいの里は個人宅を開放されているのであまり広くはありませんが、ゆっくり撮影するには丁度いいです。

Img_4225 タムロン90mmマクロでの撮影なので、毎回同じ様な写真にならないように、色彩を意識して撮影しました。

Img_4218 最後はノーマルな感じに。

紫陽花は開花している状態が長いので見頃が続きますね。

人と自然の関係は、複雑です。

神奈川花の100選にも選ばれている「浄徳院」近くの菖蒲園へ行って来ました.....

道すがら浄徳院の場所を尋ねたところ「菖蒲園は手入れをしていないみたいだよ」と言われ、不安になりましたが折角来たのだからと思い行ってみることに。

浄徳院を過ぎ、林を分け入る小道を暫く歩くと

「無残」

数株の菖蒲が残っているだけで、傍らの御堂らしき建物もボロボロでした。
夜には蛍祭りをやっているそうですが、幽霊でも出て来てもおかしくない雰囲気です。

人が手を加えて美しくした自然(光景)は、永遠に人の手を必要とするのでしょうかね?
人は自然に係わり合いを持つべきでは無いのでしょうか?

複雑ですね 。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

無料ブログはココログ