« 雪山撮影デビュー | トップページ | 北八ヶ岳 2回目 »

光徳沼

Img_5585 光徳沼のバス停に降り立ち、「さて、どちらに向かえば良いのかな?」と考えていると、道脇に詰まれた雪を乗り越えるように、奥へと続く雪を掻き分ける踏み跡が出来ている。

その踏み跡を辿れば「光徳沼」へ辿り着く。

しかし、着いてみて拍子抜けした印象「之が沼なの?」

どちらかと言えば川に近い印象がする。

撮影に訪れていた地元女性に、伺ったところ「本来は、今立っている場所も沼」との事。

降雪により埋まってしまったようだ。

Img_5600沼の表面が薄氷で覆われ、うっすらと積もった雪が綺麗な色合いを見せている。

Img_5605_2沼の間際まで踏み込んだ足跡が多数あり、中々広い絵作りが出来ないのが残念なところ。

それだけ、奥日光では人気の撮影スポットなのかもしれない。

この日は、気温0度前後。晴れて時々粉雪が舞い落ちる程度で、格段寒さは感じなかった。

2時間程光徳沼で撮影した後、クロスカントリーコースを通って、三本松茶屋へ。

冬の撮影で、暖かい昼食を摂れるのもありがたい。

期待していた霧氷が見れず残念。

本格的な厳しさは、2月になってからかもしれない。

« 雪山撮影デビュー | トップページ | 北八ヶ岳 2回目 »

フォトトレッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27945/33113360

この記事へのトラックバック一覧です: 光徳沼:

« 雪山撮影デビュー | トップページ | 北八ヶ岳 2回目 »

無料ブログはココログ