« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

”アジサイ寺” - 正覚寺

“アジサイ寺”の愛称で親しまれている横浜市都筑区茅ケ崎東3丁目の正覚寺。

Img_6453

市営地下鉄(ブルーライン)センター南駅から茅ヶ崎城址公園方面へ徒歩で5分ほどの場所。

この時季紫陽花と言えば、鎌倉方面が思い当たるが余りにも有名所過ぎて、休日に訪れては撮影どころでは無い。

ゆっくり撮影するには、少し名所も外すのも良いだろう。

Img_6472

種類は然程多くは無いが、綺麗に手入れがされた紫陽花が多い。

Img_6489_2

Img_6467

お墓があるので、あまり広い絵作りはし難い。

また、時季をあわせれば、菖蒲も楽しめそうだ(今回、菖蒲は既に終わっていた)

世界報道写真展2010

2010年の世界報道写真大賞を受賞した、ピエトロ・マストゥルツォ(イタリア)作品には一見しただけでは、理解出来なかった。

1枚の写真を見ただけで、悲惨な惨状を物語る作品も多く、毎年、世界報道写真展でも血生臭い作品が目を惹く事が多くある。

ピエトロ氏の作品は『テヘランの建物の屋上からイラン現体制への抗議の言葉を叫ぶ女性』を撮った1枚。最初見た時には「何だろう?」と悩んでしまった。

写真の背景を理解していなければ真意を掴みづらい。

流血や怒りを直接写す事で、見る側に強力に訴える手法もあれば、見る側の知識や想像力を駆使する手法もあるのだろう。

従来の報道写真展とは、少し違った作風で面白くもあり関心させられた。

戦争や紛争地での写真が目を引く中、『死んだキリンが横たわる干上がった川(ルワンジ)』や『飢えに苦しむ村人によって解体される象(ジンバブエ)』など、動物園でお馴染みの”スター”達の姿に、厳しくなる一方の気象状況や環境破壊を透かして見る事が出来る。

また、麻薬戦争やコカインの密輸などの写真も毎回のように沢山出展されている。以前は”遠い国のお話”であった。

日本でも麻薬(合成麻薬)類の密売、犯罪が多くなって来ているが、酒井法子や押尾学の事件も何やら芸能ニュースの一環で取り上げられ、既に忘却の彼方となった感じがする。日本の報道機関は、もっと社会的責任を果たす姿勢を見せて欲しいところだ。

『イスラム武装集団によって石打の刑に処される男(ソマリア)』の写真が衝撃的だった。身体を地中に埋められ、複数の男性によって石を打ち付けられて処刑される。個人的には死刑制度その物にも疑問があるが、未だにこのような方法で処刑を行なう地域があるのか思うとゾッとする。

21世紀になってから10回目の『世界報道写真展』

2001年の9月に、ニューヨークで起きた大惨事を昨日の事のように思い出す。その時より始まったアフガニスタンでの戦争は未だに終わっていない。

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

無料ブログはココログ