« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

花菖蒲 ~県立四季の森公園~

Img_8842

一番良い時期に訪れる事が出来ました。

県立四季の森公園の花菖蒲園。森の中にある雰囲気の佇まいが好きな菖蒲園です。

Img_8852

Img_8867

Img_8872

世界報道写真展2011

Kc3h0005_2

「また1年経ったな」そんな思いがあります。

世界報道写真大賞/ジョディ・ビーバーが撮影した『夫の家から逃げ出した罰として、両耳と鼻を削ぎ落とされたアイシャ』のポートレートが目を惹きます。

18歳のアイシャ。美人の面影がある端正な顔立ちではあるが、その中心にあるべき鼻が無い。

写真のインパクトもさる事ながら、「何故、アイシャは自分の姿を写真に残す決意をしたのか」を考える1枚である。

その答えは、アイシャの力強い眼差しにあるのではないかと思う。差別や迫害に屈しない強さと決意の表れのポートレートであろう。

ヴィンセント・ユーが撮影した『北朝鮮の平壌で軍事パレードを観覧する金正日総書記と金正恩氏』も何かインパクトのある写真だ。

これが、ある意味世界を代表する2人なのだと思うと、恐怖感すらある。この2人が何を考え如何に行動するかを世界が注視している。

ハイチを襲った地震後のポルトープランスを、オリヴィエ・ラバン=マティ、ダニエル・モレルの2人が撮影した作品群も目を惹いた。

その中で、遺体を放り投げている1枚は衝撃的であった。国民の95%がキリスト教徒でもある国ではあるが、死者への慈しみすら感じる事が出来ない光景である。長く内戦状態にある国勢が人々の心をも破壊してしまっているかのように感じる。

『現代社会の問題』部門では、

エド・カシが撮影した『枯葉剤の後遺症とおもわれる障害を患っているベトナムの少女』

サラ・エリオットが撮影した『中絶は犯罪とみられるケニアで違法に営業している中絶施設』

が取上げられている。

戦後40年が経過したベトナム戦争ではあるが、未だに終わらない戦後の現実をまざまざと写している。

また、ケニアの中絶施設の組写真は衝撃的である。違法どころか殺人に近い状態である。単に中絶施設を摘発しただけでは問題の解決にはならないであろう問題の深さを感じる。

『自然』部門では、

ベンジャミン・ローウィが撮影した『メキシコ湾での海洋石油掘削基地の原油流失事故』の写真には、色々考えさせられる。

来年の作品には、福島第一原発での海洋汚染、大気汚染の写真が取上げられる事になるのではないか。残念ながら環境テロリスト国家に陥った事は自覚しなければならない。

来年の会場には、東日本大震災や福島第一原発事故の写真が受賞するかもしれない。願わくば、そこに写る人々に少しでも笑顔が戻っている事を願いたい。

東京都写真美術館で、8月7日まで開催中。

スカイライン -征服-

出演:エリック・バルフォー/ジャロッド

    スコッティ・トンプソン/エレイン

    ブリタニー・ダニエル/キャンディス

製作・監督:グレッグ・ストラウス&コリン・ストラウス<ストラウス兄弟>

Skyline1920x1080_1

冒頭から核心部分を見せて、その後数時間前に逆戻りとありがちな展開ではあるが、中々目が離せない導入部分。

異星人(エイリアン)からの侵略を防ぐSFパニック映画と思いきや、それだけでは無い映画。ストーリーの中で、”もし”や”if”が兎に角多い。こんな場面に遭遇したらどう対処すれば良いのか。”逃げる”のか”留まる”べきか”闘う”か?

通常のSFパニックムービーでは、必ずスーパースターがその答えを導き出し、皆を先導してくれるが、『スカイライン -征服-』にはそれが無い。まさに『愛も正義も存在しない』

劇中、「現実を見ろ!」と訴える台詞が全てを表す。

現代社会では、TV報道やインターネットに情報が氾濫しているが、『スカイライン -征服-』では情報の全てが遮断されていまい、目の前にある現実だけで全てを判断しなければならない。

Skyline1024x768_3

ストーリーの展開でもう一つ面白かったのが、個々の精神状態。未知なる来訪者の襲撃という極限状態で、人々の信頼関係に亀裂が入りパワーバランスも崩れていく。妊娠による精神不安状態もあったりして、些細な一言が人の気持を弄ぶ。

低予算の映画という事だが、従来のSFパニック超大作にありがちな「逃げ惑う人々」的な映像がなく、終始数人に話が展開され、ホテルの一室や屋上と限定された空間でストリーが続く。それがB級ぽさを感じるが、ライブ感もあり良かったと思う。

先にも触れたが、『スカイライン -征服-』には、トム・クルーズのようなスパー一般市民は存在しない。最終的にはエイリアンと素手で殴りあう。チョット笑えてしまいそうなシーンではあるが、もし自分がこの場面に遭遇したら、”逃げる”か”素手で殴りあう”しかないだろうとも思える。まさかマシンガンを撃ち捲くらないだろう。

素人がそんな事をしたところで、銃身が上がってしまいまともに命中しないだろうし、それどころか安全装置する外せないだろう。

空軍がエイリアンの母船に対して、いきなり戦術核兵器を使ったのも面白かった。通常の映画では街中で、核兵器を使用シーンでは、必ず『苦悩する大統領』が描かれるが『スカイライン -征服-』では全く無い。

もし同じ状況になれば、一般市民の知らぬところで決定がされ、核兵器も使用されるのだろうから、庶民感覚SFパニック・ムービーのようで面白し、『スカイライン -征服-』の本題はそんな所にはないのだ。

Skyline1920x1080_2

2日目にジャロッドとエレインが”吸引”された時、「あれ、この映画には3日目があるんじゃなかったっけ?」と思っていたら、意外な3日目が用意されていた。

『スカイラン -征服-』の宣伝文句には『愛も正義も存在しない』と謳っているが、最終的に求めているのは、その『愛と正義』だと思える。

その答えは、思わずニヤリとしてしまったラストシーンに在るのではないだろうか。

映画生活:http://cinema.pia.co.jp/title/156169/

アンストッパブル

出演:デンゼル・ワシントン クリス・パイン

監督:トニー・スコット

M_e38182e59490e381a8

ストーリーはいたって簡単。

大量の有毒化学物質と19万リットルのディーゼル燃料を搭載した39両編成(800メートル)の無人列車が暴走し、その行く末には人口密集地帯が待ち受けている。

暴走列車だけのモチーフで話を盛り上げる手法はお見事。”感動の涙”は流さなかったが手に汗握る感は十分に味わえた。

犬、ネコ、子役&イケメン若手俳優に頼る日本映画も少しは見習って欲しい。

話を元に戻すと、

この危機を乗り切るのは、早期退職を勧告されたベテラン機関士フランク・バーンズ(デンゼル・ワシントン)と、何やら家庭内で問題を抱えた新米車掌ウィル・コルソン(クリス・パイン)の2人。

事故の第一報を聞いた鉄道会社の上層部は、まず事故による株価下落や損害賠償金額等が気になりだし、現場責任者の意見を無視して事態収拾に乗り出す。比較的周辺住民の少ない農耕地帯を通過中に、”脱線機”を使って列車を脱線させて横転させようとする。

人口が少ないとは言えども、被害住民が出るのは予想されるが、より少ない損害賠償で済まそうという魂胆。

しかしながら”列車脱線作戦”は失敗に終わり、今度は現場サイドから反乱が起きる。本社指示を無視して事態収拾に図りだす。

ベテラン機関士・フランクは、勤続28年の経験と知識から、脱線機による列車脱線を行なうには列車が早すぎると判断しており、自らで暴走列車に追いつき、機関車で牽引する事を進言する。

A818ba4cc2e3ae5c85acbbde3568c164

早期退職を勧告されたフランクには、そこまで危険を冒す義務はないが、”会社の為ではなく住民の為”と立ち上がる。如何にもアメリカン・ヒーロー的は展開だ。

今の時期に『アンストッパブル』を見ると、福島第一原発事故と重なってしまう。東電本社や内閣対策本部と現場サイドの思惑の違いや意気込みの差を映画を通して考えてしまった。

危機に直面した2人が、身の上話で盛り上がっているのは不思議な感じではあったが、福島第一原発で事故対応している作業員も意外とそうなのかもしれない。作業が終われば家族の話や、芸能話で盛り上がっているのかもしれない。

高度な技術論ではなく、”経験”と”感”が頼れる時もある。

映画生活:http://cinema.pia.co.jp/title/154329/

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

無料ブログはココログ