« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

1番目の太陽

Img_9040 久しぶりに大船フラワーセンターへ。

夏の日差しが厳しい園内は、流石に花も少なめ。

向日葵が少しずつ咲き始めていました。

Img_9031

朝顔を少し妖艶な雰囲気で。

Img_9052

Img_9036

蓮 ~初夏の香り~

Img_8943

三渓園の初夏の風物、蓮の花が咲き始めた。

開園時間の9時を前に、正門には熱心なカメラマンがチラホラ現れ始めた。

まだ咲き始め(撮影日:6月10日)なので、花開いている蓮は少なめ。

Img_8953

16日の早朝開門(7時)頃より、状態の良い蓮が沢山見れそうだ。

Img_8964

Img_8972

1時間程撮影したが、兎に角暑い。日差しは既に真夏のようだ。

Img_9001

127時間

出演:ジェームス・フランコ/アーロン

監督・脚本:ダニー・ボイル、サイモン・ビューフォイ(脚本)

127_a1_1280x768

渓谷の割れ目に落ちた瞬間、「この映画は観るのを止めておけばよかった」と思った。

兎に角、状況が最悪。この後展開されるであろう事を思うと気が滅入る。

ロッククライミングを楽しむため、1人でブルー・ジョン・キャニオンへ向かったアーロン(ジェームス・フランコ)。運悪く渓谷の割れ目に落ちてしまい、落石に右腕に挟まれ身動きが出来なくなる。

事実を元にしたストーリー。誰か(生存者)がこの話を伝えたということだ。

登場人物は、右腕を挟まれたアーロン1人。

アーロンが語り部であるならば、この状況から生還する為にやるべき事はだいたい予想がつく。

まさにその瞬間は、思わず目を背けそうになった。

タフで孤独なヒーローを自認するアーロンは、それまでの人生においてあまり人とは関わりを持って来なかった。自由気ままな生活を手に入れる代償に周りの人たちを傷つける事も多かった。

そのツケが今日であり、全ての表れが右腕を挟んだ落石なんだと考えるあたりは、S・キングの『クージョ』のようだ。狂犬病に犯された巨大なセントバーナードは、過去の人生の全てのツケの象徴。

自由に生きる事とは何かを考えた時、周りの人によって『自由に生かされていた事』に気がついたのではないかと思える。孤独な脱出劇ではあったが、何故か『人との繋がり』を強く意識した映画である。

127_b1_1280x768

それだけに、タフで孤独なヒーロー・アーロンが「HELP!」と叫んだ最後のシーンは、感動し鳥肌が立った。

生きる為に必要な事とは、

”気を失うな”、”冷静でいろ”、”家族の事を想え”、”未来の事を考えろ”

何時の日か自分にも、右腕を挟む落石に遭遇するのだろうか?

その時、気を失わずに冷静に対処出来るだろうか?

「観て良かった」と思える映画だ。

何故ならば、真実のストーリーだから。

映画生活:http://cinema.pia.co.jp/title/156305/

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

無料ブログはココログ