« 日光隠れ三滝 | トップページ | 夏と秋の狭間に »

トランス・フォーマー/ダークサイド・ムーン

出演:シャイア・ラブーフ

監督:マイケル・ベイ

T3_14

初めて3D映画を鑑賞。

冒頭の数分間は映像に違和感があった。

字幕との兼ね合いを考えると2Dの方が違和感無く楽しめそうな気がしていたが、それもつかの間の事であり段々と実像が見え始めると遠近感や立体感を脳が受け入れ始めリアル感を体験できるようになった。

そうなると、字幕も問題無く読める。

3D映画は、仰け反る程に迫り来る映像のイメージがあったが、そんな事は無く意外と”こんな物なんだ”って印象ではあるが、それでも奥行きを感じる映像や、人物の立体感は今までの2D映画には無い驚きを感じた。

突撃空挺部隊が降下するシーンでは、今まで観た事が無い感覚に陥り映画のストーリーとは関係なく興奮させられたのも事実である。

T3_23

さて、作品の方はと言えば、人類とサイバトロンとの友情物語が軸となり、そこに人間愛がからまる旧作と然程代わり映えのしないストーリーが展開される。

もう少し斬新な展開を期待をするが、サイバトロン vs メガトロンの戦闘がメイン軸なので仕方が無いのかと諦めも漂い、ストーリーより映像を楽しむ割りきりが必要なのだろう。

何か心に残るシーンは無いかと思い返してみても、正直無い。

ただ、映像は迫力があったので、エンターテイメント作品としては十分見応えを感じた。

T3_18

映画生活:http://cinema.pia.co.jp/title/153752/

« 日光隠れ三滝 | トップページ | 夏と秋の狭間に »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27945/41468027

この記事へのトラックバック一覧です: トランス・フォーマー/ダークサイド・ムーン:

« 日光隠れ三滝 | トップページ | 夏と秋の狭間に »

無料ブログはココログ