« 北八ヶ岳 | トップページ | 蝋梅 ~新松田 寄(やどりき) »

聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-

出演:役所広司(山本五十六)、玉木宏(真藤利一)他

監督:成島 出

Photo_2
太平洋戦争を扱った映画ではありますが、戦争映画ではなく、山本五十六の人物像に焦点を当てた大作です。

世界に名だたる連合艦隊司令官とは思えない穏やかな性格。故郷・長岡を愛する男を丁寧に描いているように思えます。

故郷の味/水餅に舌鼓する姿や、乾燥芋を手を休める事無く食べる姿に人間味を感じますし、一尾の焼き魚を妻や3人の子供に取り分ける姿に夫/父親の威厳や優しさ描いています。また、その姿から当時の日本の家族の在りようも描かれているように思えます。

海軍と陸軍の対立や、その間に挟まれた軍人としての思いとは如何なる物だったのだろうかと推測すると心苦しいくなる。

何時の時代も、机上演習に明け暮れる上層部と実弾飛び交う現場の兵士との間にある温度差をこの映画にも感じる。

無謀な戦略(実際には戦略どころか単なる精神論)によって、沢山の兵士の命が奪われた。ミッドウェイ諸島や他の戦場には、いまだに故郷に帰ることが出来ない遺骨が散乱している。誰の為に戦い、誰の為に死んだのか判らない魂が無数にある。

また何時の日か、同じことが繰り返されるのか。忘れては為らない歴史がここにある。

昨年、半藤一利著『山本五十六』を読んでいたので、人間関係を理解する上で大変役立ちました。

また、映画自体も一人の新聞記者の回想と共に展開するので時代背景を理解しながら見ることも出来たので助かりました。

前線視察に向かう途中、敵機によって撃墜され戦死した山本五十六。
”海の男”が空で死ぬ不条理。

開戦に最後まで反対しながら、真珠湾攻撃によってその口火を切ってしまった軍人の最後は、映画にも描かれていた様に、息絶えながらも目を開き最後まで前を見ていたのだろうと思いたい。

映画自体も静かに展開していきますが、時折見せる激昂が静寂を打ち破ります。

派手なCGを駆使するわけもなく、映画的には地味な展開ですが、あまり邦画やTVドラマを見ない私でも見覚えのある豪華俳優人。 彼らの演技によって引き締まり、粛々と時を刻んでいく作品と感じました。

 

映画生活:http://cinema.pia.co.jp/title/156819/


« 北八ヶ岳 | トップページ | 蝋梅 ~新松田 寄(やどりき) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27945/43722509

この記事へのトラックバック一覧です: 聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-:

« 北八ヶ岳 | トップページ | 蝋梅 ~新松田 寄(やどりき) »

無料ブログはココログ