« 2012年11月 | トップページ | 2013年3月 »

奥蓼科 御射鹿池

冬の御射鹿池を撮影してきた。

Img_1510
昨年の初夏に撮影に訪た御射鹿池。冬の情景も撮影したいと思い再訪して来ました。

Img_1519
一面雪に覆われており、一部のみ水面を覗かせている。

誰かの踏み跡を頼りに近づいて撮影する。

訪れる写真家も居らず、撮影に没頭できるのが楽しい。

Img_1540

気温は0℃前後ではあるが、冬の日差しが気持ちよく寒さは感じない。

Img_1536
暫く撮影していると、新たな写真家が遣って来たので場所を譲るり、近くの「おしどりの滝」へ移動する事とする。

Img_1602

此方も静かなものだ。

氷爆で有名な横谷渓谷ではあるが、流石におしどりの滝付近まで上がってくる写真家も居ないようだ。

Img_1561

Img_1576







塔ノ岳、雪化粧。

先日の14日に纏まった降雪があったので、山の景色も変わったろうと再び塔ノ岳に登って来ました。

秦野ビジターセンターを7:30に出発。
歩き出し1時間程は、雪の影響も無く快適に進めます。

見晴茶屋を過ぎた辺りから路面が凍結し始めたので、アイゼンを装着。
久しぶりにアイゼンを使用しましたが、戸惑う事無く装着完了。

アイゼンが雪を噛む音が心地よいです。

Img_1503
それにしても、空が青くて近く感じます。PLフィルター無しで撮影しても、この青さです。

Img_1458
花立山荘裏の斜面で鹿が草を食んでました。

意外と人に慣れているのか、写真を撮っていても動じませんね。

Img_1452

塔ノ岳山頂は雪で覆われていました。

Img_1463


Img_1475


Img_1472

山頂付近は、風も穏やかで快適でした。

復路は雪が溶け始めて滑り易く往路以上に大変です。

Img_1481
山の住人の足跡ですかね。

往路は登るのが精一杯で撮影どころでは無いですが、復路は余裕もあり周囲の光景にも目がいきやすいです。

Img_1490

近場に、自然の美しさを体感できる山があるのに幸せを感じます。

Img_1505





塔ノ岳制覇

Img_1442
丹沢山系の塔ノ岳に登頂しました。

大倉バス停を7:45頃スタートし、大倉尾根コースを利用して3時間ほどで登頂することが出来ました。

通称『バカ尾根』と呼ばれる大倉尾根コースで、流石にキツイですね。

2013年の厄払いのつもりで苦行に挑戦して来ました。

Img_1436
快晴の山頂からは、富士山を綺麗に拝むことができ気分も良いですね。

Img_1441
空が近く感じます。

Img_1446
相模湾まで綺麗に見渡すことが出来ました。

樹氷を期待したのですが残念ながら見ることが出来ませんでした。気温は氷点下10℃程と申し分が無かったのですが、年末から晴天続きだったので樹氷が付かないのですかね。またの機会を楽しみにしたいです。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年3月 »

無料ブログはココログ