« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

陽の温もりと、風の音。草木の息吹に、土の香り。

ヤビツ峠から二ノ塔、三の塔を経て烏尾山、行者ヶ岳、新大日、塔ノ岳へ抜ける、丹沢・表尾根縦走コースに挑戦して来ました。

7時過ぎの秦野駅は、ヤビツ峠に向かう増便のバスが忙しく出発していました。
GWなので登山者も多く、どのバスも満員です。

ヤビツ峠スタートは8時。

Img_2075

二ノ塔を経て三ノ塔。2時間弱と予定通りです。
登山道に入ってから1時間くらいは、毎回「何で登っているんだろう」と考えますね。

Img_2081
表尾根縦走コースは、ここからが本番です。
アップダウンが激しく、随所のクサリ場もあるので気が抜けないです。

登山者の殆どが、"熊鈴"をつけています。
チリン、チリンとなにか巡礼のようです。

此れだけ沢山の登山者が居れば、熊も近づいては来ないと思います。
Img_2092
『遥かなる旅路』尾根伝いに歩いて来ました。
一つの山のピークを迎えると、次の山のピークが望めます。

Img_2103
塔ノ岳到着。
13時頃でした。

山頂は大変な混雑です。

Img_2116_2


Img_2118_2
塔ノ岳からは、大倉バス停まで下山するだけなので楽勝。
途中、新緑が綺麗な場所でもゆっくり撮影を楽しめました。
Img_2124


Img_212816時前に大倉バス停に到着。
8時間の行程は無事に終了しました。


春山を歩く ~坪山

Img_2000
「山と渓谷」誌に坪山の記事が掲載されていました。ヒカゲツツジが群生しているようです。

春となると桜ばかり追いかけてしまい、その他の春がつい疎かになってしまいがちでしたので、今年は少し目先を変えてみました。

いくつか群生地が点在しています。山の麓付近の群生地は大分花つきも良かったですが、少し高い場所では、まだこれから花開くといったところでしょうか。

Img_1986
今回はレンズ選択を間違った感じです。

山行なので17-40mmF4.0のみを持っていきましたが、もっと標準系のレンズの方がよさそうでした。

Img_2011


Img_2034
坪山山頂は”猫の額”程の広さなので、昼食は別の場所が良さそうです。
坪山をピークにびりゅう館方面に下りました。

もう少しすると、新緑が綺麗に楽しめるコースですね。

Img_2062

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

無料ブログはココログ