« ワールド・ウォーZ | トップページ | エリジウム »

92歳の報道写真家 福島菊次郎展

日本新聞博物館で開催中の『92歳の報道写真家 福島菊次郎展』を観てきました。

福島菊次郎氏の作品は何度か誌面等で拝見したことはあったが、此れだけ纏めて観るのは今回が初めてです。

誌面等では、作品の断片しか伺い知ることは出来なかったですが、
今回、福島菊次郎展を訪れて圧倒されるばかりでした。

特に、広島の被爆者一家を10年にわたり追いかけた『ピカドン ある原爆被災者の記録』には、言葉も出ませんでした。

原爆被災者の男性(その家族)の日常も凄まじいですが、死に行く人間と崩壊する家族に10年もカメラを向け続ける気迫(魂)にも、凄まじさを感じます。

「真実を伝える」事とは、此れほど非情でなければならないのでしょうか。


他にも、『三里塚抗争』や『東大闘争とあさま山荘事件』『水俣病などの公害』など、戦後日本の歩んで来た姿を観る事が出来ます。

写真展を観終えて最初に思い浮かんだんだのは、
「それでも人は生きているんだな」と感じました。

どんなに不合理な状態に置かれても、人はそこで戦い、そして生活をしています。
楽ではないけど、生きています。

正直観終えると疲れますが、明日も生きる力を授かった気がします。




以前は、1年に1〜2度「あさま山荘事件」などはTV放送されていた記憶があります。
最近は、戦後日本を振り返る機会(番組)が無い気がします。

対中国、対韓国、激動の中東などの事ばかり伝え、日本国内の歴史は封印されている様に思えるのが気がかりです。

諸外国で起きている事ごとは、戦後日本が歩んで来た姿そのものです。

« ワールド・ウォーZ | トップページ | エリジウム »

写真展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27945/53059236

この記事へのトラックバック一覧です: 92歳の報道写真家 福島菊次郎展:

« ワールド・ウォーZ | トップページ | エリジウム »

無料ブログはココログ