« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン

Photo
シリーズも回を重ねると、主人公(達)が強くなりすぎて困る。

前回作品で、アベンジャーズもチームとしての結束力も上がってしまい敵なし状態。
そんなアベンジャーズを打ち負かす強靭なウルトロン登場。
さらに、トランスフォーマーシリーズのメガトロン的な奴や、X-MAN的な奴とキャラ乱立状態で観ていて忙しない。

スクリーン狭しと飛びまくりに瞬間移動しまくりで、もはや映画なのか何なのか分からない。

今作でアベンジャーズも終焉なら、オールスターキャストでお祭り騒ぎも仕方が無いと思いきや、「まだまだ次回作も作りますよ」的なエンディング。

結局次回作への繋ぎなの?って思いたくなってきた。

ナターシャ・ロマノフ(ブラック・ウィドウ)とブルース・バナー(ハルク)のロマンスは必要なのかな?
絶対的な悪と正義の対立軸にしてくれた方が映画としてスッキリしそう。

映画生活:http://cinema.pia.co.jp/title/161219/

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

無料ブログはココログ