« 2015年 紅葉めぐり 神奈川県横浜市『保土ヶ谷公園』 | トップページ | 江ノ島 夕景 »

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

165244_7
オープニングの映像を見た瞬間に、スター・ウォーズの世界に戻ります。
「ついに始まったな」

旧エピソードを踏襲しつつ、新シリーズが始まった感じです。
キャラクター達が発する台詞に耳を傾け、止まっていた時空を再構築。

レイ(デイジー・リドリー)が............
カイロ・レン(アダム・ドライバー)が.........

旧エピソードとの人物相関図を埋めていく。

Xウィングのコックピットに収まるパイロットのシーン、
ミレニアム・ファルコン号のキャノン砲の銃座に座るシーンや、ハイパー・ドライブの起動。

全てがスター・ウォーズの世界観。

ダース・ベイダーの後継者と思われるカイロ・レンが、早々にマスクをを取ってしまったのには驚いた。
過去のエピソードでは、キャラクターの出生の秘密がストーリーを形成していたけど、
新シリーズでは、そこは問題では無い模様。
カイロ・レンの使う十字のライトセーバーも、彼の性格上納得出来る。
手首を切り落とされたくないわけだね。
賢いと言うか、卑怯者と言うのか.....................

ハン・ソロ達が訪れる、酒場の女主人。
ヨーダと何か関係がありそうなキャラクター。
何せ、ルーク・スカイウォーカーのライトセーバーを保管していたわけだし。

不満が無かった訳ではない。

旧エピソードと新シリーズの橋渡し的な位置づけなのか、ストーリーに重厚感が少なく感じた。
戦闘機(戦闘艦)も、Xウィングやタイファイター、スターデストロイヤーと旧エピソード中心。
『ジェダイの帰還』から30年後のストーリー設定なので、あまり技術革新が起きていないのかもしれないが、少し寂しい。
スター・ウォーズの新作毎の楽しみでもあったのだからね。

レイと新型ドロイドのBB-8の出会いが砂漠の惑星であったり、
ミレニアム・ファルコン号の最初の戦闘シーン(レイとフィンが言い争いながら敵を撃墜)
デス・スターその物の兵器。
ハン・ソロとカイロ・レンの対決シーン。

旧エピソードのオマージュと言えば感慨深いが、あまり多様し過ぎると「他にアイデアは無かったの?」と思いたくなる。

映画生活:http://cinema.pia.co.jp/title/165244/

« 2015年 紅葉めぐり 神奈川県横浜市『保土ヶ谷公園』 | トップページ | 江ノ島 夕景 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27945/63143086

この記事へのトラックバック一覧です: スター・ウォーズ/フォースの覚醒:

« 2015年 紅葉めぐり 神奈川県横浜市『保土ヶ谷公園』 | トップページ | 江ノ島 夕景 »

無料ブログはココログ