« 2016年7月 | トップページ | 2016年10月 »

世界報道写真展2016 『沈黙が語る瞬間』

世界報道写真展を最初に見たのが2005年。
何時の頃からか変わらぬ写真が並ぶようになっている。

中国:大気汚染。

シリア:内戦。シリア難民。

アメリカ:黒人に対する人種差別。

アフリカ大陸:象牙の密売。

これらの問題は、解決するどころか年々悪化している。

シリア問題に端を発した難民問題は、2~3年の間により悪化をした。
受け入れる国々が国境を閉鎖し始めた。

テロへの不安や国内の労働問題などが原因の一端ではあるが、
祖国を追われ辿り着いた新天地で、新たな差別に合うのは遣る瀬無い。

日本政府は、難民受け入れを実質行っていない。
政策の見直しも急務かもしれないが、実際に受けいるとなると不安も感じる。

また、地域を支配する勢力(ISなど)によって不当な支配体制が続く為、救える命も
助ける事が出来ない事を改めて感じた。

日本人としては『違和感』も感じたことがある。
東日本大震災が発生し、福島第一原発事故から5年の歳月が経過した。
今回の写真展には、それに関する写真が1枚も無かった。

日本政府による安全キャンペーンが功を奏したのか、既に世界からは過去の話として
忘れ去られてしまったのか?
まだ、何も変わっていないのに。

« 2016年7月 | トップページ | 2016年10月 »

無料ブログはココログ