« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年 紅葉巡り 丹沢

Img_0051
数日前に丹沢方面を見てみると、山腹が紅葉に彩られていたので急遽塔の岳に登って来ました。

標高的には堀山辺りが紅葉のベスト・シーンだったかな。
塔の岳山頂から見下ろすと、紅葉のジオラマが展開されて気持ちが良かったです。

Img_0061
Img_0026
午前中は空も青くて気分良し。
気温も高めで、まるで初夏の登山って感じでした。

Img_0079

今年は秋が短め。
関東でも11月に初雪の便りがあるかもしれません。



2016年 紅葉巡り 都民の森~三頭山

久しぶりに入山。
以前から撮影に行きたいと思っていたが中々実現しなった都民の森。

Img_9965
紅葉のブナ林を撮影することが出来た。

武蔵五日市駅から臨時バスを含めて3台で都民の森へ。
流石の混雑。

朝一番の便なので、登山道は空いています。

1時間30分ほどで三頭山の山頂へ。
眼下に奥多摩湖が望める?

見えなくは無いけど、撮影にはちょっとね..............

Img_9920
富士山は良く見えました。
少し霧掛かっていて水墨画風。

Img_9913
天気が良くて少し汗ばむくらい。
山間にも日差しが差し込み、黄葉の森が黄金色に。

Img_9952

インフェルノ

Image1
「ロバート・ラングドン」シリーズにしては、ド派手なオープニングにビックリした。
過去2作品は謎解き、宗教色が強いので、厳かな導入が良く似合っていた。

『インフェルノ』は、ダンテの「神曲」が謎解きのファクターになっているが、どちらかといえば
世界の危機を救う的な立ち位置の作品になっている。
派手なオープニングも、アメコミ映画みたいで残念な気がする。

とは言え、宗教色が少なくなったおかげで見易い映画になっているのも事実。

作品がシリーズ化されていくと、主人公の能力が強力になり過ぎて「向かう所敵なし」状態
に陥り、敵役がそれにも増す能力を有するようになり、訳が分からない映画になることが多い。
しかし『インフェルノ』では、ロバート・ラングドンまさかの記憶障害。
その為、得意のアナグラムを封印させた。

常人となったロバート・ラングドン。
世界を救えるのか?

『インフェルノ』のテーマは、世界的人口増加。
飛躍的に増え続ける人口。
それによって起きる食料危機や様々な問題が、いずれ世界を滅ぼす?

人類の歴史において伝染病やウィルスによって大量の死者が出るのは、自然淘汰を行う
神の御業。
戦争さえ、人口淘汰の為に正当化する人もいる。

その人口淘汰を科学の手によって行う。
「ロバート・ラングドン」シリーズの基本、宗教vs科学の対立関係は、『インフェルノ』でも生きている。

生命医学の進化によって、超高齢社会に入っているのも事実。
『インフェルノ』で展開される、ロバート・ラングドンと世界保健機構のエリザベス・シンスキーとの熟年恋愛劇も、超高齢化社会の現れなのか?

映画生活:http://cinema.pia.co.jp/title/169049/

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

無料ブログはココログ