« 2016年 紅葉巡り 山梨県『奥庭自然公園』 | トップページ | 2016年 紅葉巡り 都民の森~三頭山 »

インフェルノ

Image1
「ロバート・ラングドン」シリーズにしては、ド派手なオープニングにビックリした。
過去2作品は謎解き、宗教色が強いので、厳かな導入が良く似合っていた。

『インフェルノ』は、ダンテの「神曲」が謎解きのファクターになっているが、どちらかといえば
世界の危機を救う的な立ち位置の作品になっている。
派手なオープニングも、アメコミ映画みたいで残念な気がする。

とは言え、宗教色が少なくなったおかげで見易い映画になっているのも事実。

作品がシリーズ化されていくと、主人公の能力が強力になり過ぎて「向かう所敵なし」状態
に陥り、敵役がそれにも増す能力を有するようになり、訳が分からない映画になることが多い。
しかし『インフェルノ』では、ロバート・ラングドンまさかの記憶障害。
その為、得意のアナグラムを封印させた。

常人となったロバート・ラングドン。
世界を救えるのか?

『インフェルノ』のテーマは、世界的人口増加。
飛躍的に増え続ける人口。
それによって起きる食料危機や様々な問題が、いずれ世界を滅ぼす?

人類の歴史において伝染病やウィルスによって大量の死者が出るのは、自然淘汰を行う
神の御業。
戦争さえ、人口淘汰の為に正当化する人もいる。

その人口淘汰を科学の手によって行う。
「ロバート・ラングドン」シリーズの基本、宗教vs科学の対立関係は、『インフェルノ』でも生きている。

生命医学の進化によって、超高齢社会に入っているのも事実。
『インフェルノ』で展開される、ロバート・ラングドンと世界保健機構のエリザベス・シンスキーとの熟年恋愛劇も、超高齢化社会の現れなのか?

映画生活:http://cinema.pia.co.jp/title/169049/

« 2016年 紅葉巡り 山梨県『奥庭自然公園』 | トップページ | 2016年 紅葉巡り 都民の森~三頭山 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27945/68266251

この記事へのトラックバック一覧です: インフェルノ:

« 2016年 紅葉巡り 山梨県『奥庭自然公園』 | トップページ | 2016年 紅葉巡り 都民の森~三頭山 »

無料ブログはココログ