« 2017年3月 | トップページ

西丹沢 本棚、下棚

丹沢にも新緑が芽吹き始めた頃かと思い、西丹沢方面に出向きました。
_
Img_1277
_
春から初夏になったら撮影したいと思っていた被写体の西丹沢方面。
西沢の支流、下棚沢、本棚沢を目指しました。
_
久しぶりに山に入るのと、初めて歩くコースで少し緊張気味。
塔ノ岳や丹沢山のメジャー所と違って、登山者も少ないです。
_
西丹沢自然教室から下棚、本棚までは1時間弱。
コース上には道案内もしっかりしているので、安心しました。
_
新緑にはまだ少し早い感じでした。
今回はコースやロケーションの確認に終始する感じでした。
_
滝の近くは、風が吹くと寒いです。
マイクロフリースで丁度良いくらいでした。
 

櫻紀行 2017年 その4

神奈川県二宮町の『吾妻山公園』。
桜の背景に相模湾が望めて雄大な風景が描けます。
_
_1136
_
例年なら、桜の手前に菜の花畑が広がる所のようですが、今年は桜の開花が遅くてすべて刈り取りが行われたそうです。
手前をカットせざるを得ないので少し窮屈なアングルなりました。
_
_1182
_
晴れ渡った空と海の青さ。
今まで撮影したことがなかった桜模様に感動しました。
_
_1139
_
桜といえば、山深い自社の一本桜のイメージが強くそのような桜ばかり追い求めていました。
今年は少し趣旨を変えて色々なロケーションを求めてみました。
_
_1176
_
吾妻山公園の桜は、小高い丘の上なので空も近く爽快な絵作りが楽しめます。
_
_1154
_
人が少ない早朝が撮影に良いですかね。
_
その後、JR根府川駅に移動。
昔駅前に桜があったのを思い出し、今年の桜撮影スケジュールに追加しました。
JR根府川駅は無人駅なので、さぞかし雰囲気もよかろうと期待も高まります。
_
_1207
_
自動販売機はあるんですね。
乗降客は少ないので撮影し易いですが、一番桜のボリュームが出るアングルに電信柱が
ド~ンと鎮座していたのがショック。
_
_1214

櫻紀行 2017年 その3

神奈川県相模原市、津久井湖にほど近い『雲居寺』
_
_1048_2 _
中々見事な枝垂れ桜です。
背景に住宅があるのでアングルに気を使いますが、一見すると京都にも負けない雰囲気。
_
_1057 _
_1074 _
インターネット上にも開花情報が少ないので、津久井観光協会に問い合わせて桜の状態を確認しましたが、雨が降ったりで不安がありました。
_
雲居寺の枝垂れ桜を堪能した後は、観音寺に移動。
こちらにも見事な枝垂れ桜があるとの情報でしたが、残念ながら散りはじめていました。
_
山門近くの桜は綺麗でした。
_1124

櫻紀行 2017年 その2

大和市『泉の森』の桜景色。
_
_0970
_
海上自衛隊厚木航空基地へ着陸態勢の自衛隊機が上空を飛来します。
桜と絡めて撮れないかと頑張ってみましたが、上手い具合にはいかないですね。
飛来するタイミングが分からないので、ず~っと待っているわけにもいかないので.....
_
_0978
_
樹形を意識して撮影してみました。
背景は青空の方が良さそうですね。
桜が咲いているうちにまた挑戦したいです。
_
ついでに、引地川の千本桜にも足をのばしてみました。
花付きも良く、満開を迎えようとしていましたが、やはり町中の河川。
引いた絵作りは難しそうです。
_0915
_
なので枝先に寄ってみました。
桜の下の丸ボケは対岸の道路を走る車の反射です。
 

櫻紀行 2017年

待ちに待った桜の開花。
今年の桜は開花が遅く、例年通りの桜撮影スケジュールと1週間以上遅れました。
_
その為関東近郊は一斉に、開花→満開の時期を迎えてしまった感じ。
_
宗川寺境内の桜。
つい有名寺社の桜を撮りに行きたいところですが、名もなき桜にも良い景色があるものです。
_
_0822
_
ただ、手入れが行き届いていないのか、幹の切り跡少し気になりました。
なるべく、切り跡が隠れるアングルを探して撮影をすることになります。
背景(住宅)の処理も気がかりでした。
_
_0741_2
_
人も少なく、撮影するには最適な環境です。
もちろん三脚使用もOK。
最近の有名寺社では、三脚使用不可の場所が殆どですしね。
_
夕方から少し陽が差してきたので、場所を移動。
通称「海軍通り」の桜並木。
_
_0985_2
_
畑の畦道に三脚を据え、桜並木に夕日が当たるところを撮影しました。
少し北海道ぽくないですか?
_
手前の畑にまだら模様の影が面白いですが、2本の杭が目立たないようなアングルを
探しました。
それと、桜並木の車列気にしながらのシャッターを押しました。
 
 
 

« 2017年3月 | トップページ

無料ブログはココログ