しっとりと/大雄山最乗寺~開成町「あじさい祭り」

大雄山最乗寺から開成町「あじさい祭り」を巡ってこの時期定番の紫陽花を撮影してきました

Img_3749

仁王門の辺りが一番好みな雰囲気でした。
大雄山最乗寺は以前より紫陽花の花付きが悪いそうですが、山間の寺院の雰囲気があり良かったです。

Img_3740 

明け方まで雨が降っていたので、その空気感も損なわないようにPLフィルターの効果にも気を付けました。


葉が濡れている感じが大事。

Img_3743

開成町「あじさい祭り」会場に移動。
最終日だったけど人出が多いです。傷んだ花が多かったので綺麗な紫陽花を探すのが大変です。
Img_3779
曇り空なのでコントラスト抑えられて綺麗です。

Img_3783

バラの香り/港の見える丘公園~山下公園

Img_3562

バラの香りに誘われて、見える丘公園~山下公園まで散歩してきました。
5月とは思えない肌寒さですが、港の見える丘公園には随分と人出がありました。

Img_3585

洋館を背景を位置させて雰囲気が分かる程度に暈すことに心掛けました。

何時もの花中心の撮影にならない様に。

Img_3590

Img_3583

人出も多くなってきて撮影するポジションを選びにくくなってきたので、山下公園に移動。

Img_3627

久しぶりの氷川丸。
でも、空模様が怪しくなってきたので昼休憩にしようと思った矢先、突然の雷雨。
暫く足止めされたけど、神奈川県民ホールで『富士山・天城山 二人展』が開催されていたので、見学してきました。

Img_3671

嵐が過ぎ去ると綺麗な青空が広がった。

Img_3632

新緑を映す 丹沢/水沢川

鳥屋のバス停から舗装路を40分ほど歩くと水沢川の合流地点に着いた。
ガードレールを跨ぎ斜面を少し下ると、川辺に到達できた。
Img_3521
新井完夫氏『裏丹沢 命育む水源の四季』を見てこの撮影地に来た。
撮影ポイントは決して多くないが、川面に映る新緑が綺麗だ。

Img_3532

丹沢に春が来た。ミツバ岳のミツマタ

西丹沢のミツバ岳に満開のミツマタを撮影しに行ってきました。

昭文社『山と高原地図』では破線ルートなので少し不安でしたが、この時期は沢山の登山者がいたので一安心でした。

登山口からいきなりの急登でビックリ!?

登山道と言うより山の斜面を登る感じで足元が不安定な個所が何箇所かありますが、危険なほどではないです。
でも、注意が必要ですね。

1時間ほどで山頂に到着。

Img_3206
ヤビツ峠のミツマタ群生地程ではないですが、中々綺麗な場所でした。
丹沢の山々や、眼下に丹沢湖を望むロケーションが素敵でした。

特に先週の降雪が残る丹沢山系を背景に出来たのが良かったです。

Img_3214

山梨県 日川渓谷竜門峡

『風景写真』誌1-2月号に、写真/家山岸仁史氏が撮影した日川渓谷 竜門峡の写真が掲載されていたのを見て、早速撮影地に赴きました。
神奈川在住なので、冬の被写体を求めて毎冬遠出していましたが、日川渓谷はアクセス的に容易なので有難いです。

Img_2977
完全に雪に埋もれたり、完全凍結していいので変化に富んだ形式が好きです。
軽アイゼン等も無くても歩行問題は無かったですが、河原に出るのに少し斜面を下る場所が多く注意が必要です。

Img_3045
有名撮影地でもないし、シーズンオフなので人もおらず静かに撮影が出来ました。
(途中に御二人の撮影者に会ったくらいです)

Img_2990
今冬シーズン中に再訪したいです。

Img_3036

日本の田園風景と鹿柵と

暑い8月は撮影に出掛ける機会も減ってしまいます。
秋の気配を感じ始めた9月。
久しぶりに、伊勢原日向地区の彼岸花群生地を巡ってきました。
Img_2157 ~
3年ぶりに訪れた日向地区は、様相が少し変わってました。
田畑の周りには鹿柵が張り巡らされており、彼岸花の数も少し減った感じ。
郷愁を感じさせた田園風景の風情がなくなった感じです。
それともこの姿が今の日本の田園風景なのですかね。
~
Img_2119 ~
~
Img_2145 ~
~
Img_2175

夏の色

Img_2073
横浜市の追分市民の森のひまわり畑。
特にひまわり祭り等を開催しているわけでは無いので、櫓などが無く撮影しづらいところはあります。
山間の畑に向日葵を育成したらしく、ロケーション的には好きな方です。
~
Img_2031 ~
撮影日(7月28日)には、背の高いひまわり満開でした。
背の低い種類のひまわり畑が近くにありましたが、これから開花が進むのでしょうか?
~
Img_2017

西丹沢ビジターセンター→ゴーラ沢出合→ツツジ新道

寒くもなく、暑くもない。
新緑の山歩きにはもってこいの気候。
~
Img_1482_4

西丹沢の檜洞丸方面へツツジを愛でに行ってきた。
結構な急登の連続、登れど登れどお目当てのツツジには出会えず、心が折れかけて来た頃、石棚山への分岐付近。
Img_1450 ^
Img_1454
~
シロヤシオは殆ど散ってしまった後のようでした。
一週間遅かったかな。
~
Img_1471 ~
折角登ってきたので山並みが背景になるようにアングルに気を付けました。
石棚山分岐付近の拓けた場所でランチを広げて気分も良かった。

のんびり山歩き ヤビツ峠→三ノ塔→大倉

あまり先を急ぐことなく、のんびりと山歩きをして来ました。
ヤビツ峠から入山し、二ノ塔、三ノ塔と歩き、のんびり昼食を済ませてから三ノ塔尾根を使って大倉バス停へ下山しました。
_
Img_1439_2
_
緑濃くなってきた塔の岳方面。
眺めが良いですね。
Img_1438_2
三ノ塔尾根は下るのは初めてでした。
結構勾配が厳しいくて登りに使うのは大変そう。
_
コースタイムは『山と高原地図』と大体一致してました。
頂きを目指さない山歩きは余裕が出来て楽しいことが多いですね。
 

新緑の山散歩

GW最終日。
のんびりと山行出来る丹沢山系。

新緑を求めて行きました。
Img_1337 _
秋にはモミジで赤く染まる山道も、今は新緑カラーでいっぱい。
_
しかし、高度を上げるにしたがって雲が出始め、まさかの視界ゼロに。
_
Img_1326

より以前の記事一覧